開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

「O/Rマッパの簡略化などでWeb開発をよりRapidに」、ColdFusion製品マネージャ

2009年12月10日(木)

 アドビシステムズは2009年12月10日、アプリケーション・サーバー(APサーバー)の最新版「ColdFusion 9」の機能説明会を開催した。インプレスビジネスメディアは、説明会に合わせて来日した米Adobe SystemsのColdFusion担当幹部に、Web開発における同社のビジョンや、ColdFusion 9の新機能を聞いた。

 ColdFusion 9の価格は、1台のサーバー機で運用する小規模向けのスタンダード版がアドビストアの直販価格で17万8500円(税込み)。一方、複数サーバー機を使うなど企業の大規模J2EEアプリケーションの運用に向いたエンタープライズ版は、販売代理店である国内SIベンダー各社から提供する。

 なお、ColdFusionは、J2EE APサーバーとしての機能をベースに、AIRやFlexなどのリッチ・クライアントやAjaxといった表現力の高いGUI画面を短期開発するための機能や、従来よりも短いソース・コードで複雑な業務ロジックを記述/実装するための独自言語/ライブラリなどを充実させた製品である。

 初期のColdFusionは、画面テンプレートを用いたWindows環境専用の簡易APサーバーだったが、その後にJavaで再開発され、J2EE開発/実行環境となった。独自の開発言語であるCFML(ColdFusion Markup Language)は機能を大幅に拡張して現行版にも引き継がれており、CFMLを介してJ2EEの各種フレームワークを簡便に利用できる。

 以下の談話は、米Adobe SystemsでColdFusion担当Senior Product ManagerのAdam Wayne Lehman氏が語ったもの。

---ColdFusionの現在の市場動向を教えてほしい。

 中小規模マーケットから大企業まで、さまざまな企業のさまざまな用途に活用されてきた。特に、元々の開発会社である米Macromediaが米Adobe Systemsに買収されて以降、この3年間でユーザー数が急増した。現在では1万2000社に達している。開発者もそれまでの80万人から倍増した。

 米Adobe Systems製品になってから初めてリリースした新バージョンは、前バージョンのColdFusion 8である。この製品には、米Adobe SystemsのDNAが組み込まれている。例えば、PDF文書やオフィス文書のフォーマット変換や画像処理/操作といった一連の機能を取り込んでいる。

 総じて、ColdFusionのメッセージは“Rapid”(迅速な)だ。より少ない開発工数でWebアプリケーションを開発できることを狙っている。この実現のため、迅速な開発を可能にするタグベースの言語であるCFMLを用意し、すぐに使える各種の機能ライブラリやサービス群を標準で提供している。

 CFML標準のタグを使うだけで、Javaや.NET、Adobe AIRなどと容易に連携できる。例えば、Excelをレポート・ライターとして利用して外部データベースにアクセスして値を取ってくるといった連携アプリケーションを簡単に開発できる。さらに、ユーザーが独自の連携機能をカスタム・タグとして新規に開発するCFC(ColdFusion Component)と呼ぶ仕組みも提供している。

---最新版のColdFusion 9では何が変わったのか。

 大きく3つの点について紹介しよう。1つ目は、簡単なO/Rマッピング機能を備えたこと。2つ目は、各種の機能群をWebサービス化したこと。3つ目は、Eclipseベースの統合開発環境「ColdFusion Builder」を搭載したことだ。さらに、ActionScript(Flash)から利用可能なライブラリも充実させた。

 1つ目だが、ColdFusion 9では、より簡単にアプリケーションを開発するための機能として、SQLを書くことなくSQLデータベースを利用できるようにするO/R(オブジェクト・リレーショナル)マッピングの設定を簡略化した。

 具体的には、O/RマッパーのJavaフレームワークである「Hibernate」をそのまま搭載しつつ、Hibernateを利用するための設定を半自動化することで、より簡単にSQLデータベースにアクセスできるようにしている。初心者でも簡単にDBアプリケーションが書けるようになる。

 CFMLのコード中に「persistence=true」と記述するだけで、Hibernateの設定を自動的に実施してくれる。従来であれば160行程度を要していたデータベース・アクセスをともなう業務ロジックが、ColdFusion 9ではわずか6行で記述できる。

 Hibernateと組み合わせて使うと便利なライブラリとして、全文検索エンジンの「Apache Lucene」やキャッシュ・ライブラリの「EHCache」も搭載している。

---機能群のWebサービス化について教えてほしい。

 ColdFusionが標準で提供している各種のライブラリ機能を、アプリケーションを開発することなく、Webサービスとしてすぐに利用できるようにした。ColdFusion 9を箱から出して(Out of Box)すぐに、Webサービス・プロバイダとして利用できる。SOAPやRESTによるWebサービス/API連携が可能だ。

 Webサービス経由で利用可能な標準のサービス機能の一例を挙げると、文書/画像操作、グラフ/チャート作成、テキスト全文検索、Exchange Server操作、Flashベースのファイル・アップローダ機能、などがある。

写真 米Adobe SystemsにおいてColdFusion担当Product Marketing ManagerのAlison Huselid氏(左)、ColdFusion担当Senior Product ManagerのAdam Wayne Lehman氏(中央)、Platform Tools担当Product Management DirectorのGreg DeMichillie氏(右)
写真 米Adobe SystemsにおいてColdFusion担当Product Marketing ManagerのAlison Huselid氏(左)、ColdFusion担当Senior Product ManagerのAdam Wayne Lehman氏(中央)、Platform Tools担当Product Management DirectorのGreg DeMichillie氏(右)
関連記事

「O/Rマッパの簡略化などでWeb開発をよりRapidに」、ColdFusion製品マネージャ アドビシステムズは2009年12月10日、アプリケーション・サーバー(APサーバー)の最新版「ColdFusion 9」の機能説明会を開催した。インプレスビジネスメディアは、説明会に合わせて来日した米Adobe SystemsのColdFusion担当幹部に、Web開発における同社のビジョンや、ColdFusion 9の新機能を聞いた。

PAGE TOP