[新製品・サービス]

HDE、メール誤送信対策ソフトウェア「HDE Secure Mail FINAL」を提供開始

2009年12月11日(金)

HDEは2009年12月11日、メール誤送信対策ソフトウェアの決定版として「HDE Secure Mail FINAL(以下HSMF)」を2010年2月15日より販売開始することを発表した。

同社は、これまでもメールの宛先間違いやうっかりミスによる情報漏洩を防止するソフトウェアとして、「HDE Secure Mail」シリーズや「HDE Mail Cop」などの製品を開発、販売してきたが、これらは一製品単機能で提供されていた。同社は同製品で、これらの機能のうち、誤送信対策に有効な送信メールの一時保留、添付ファイルのZIP暗号化、添付ファイルのWebダウンロードを統合するとともに、さらに多数の導入経験から得たノウハウや新機能も追加実装し、メール誤送信対策ソフトウェアの決定版として、トータルかつ徹底的にユーザーのアウトバウンドメールセキュリティを強固なものにした。

「HDE Secure Mail FINAL」の特長は以下のとおり。

  • メール一時保留機能
    添付ファイルの有無にかかわらず、送信メールの全てをサーバで一時保留する。保留時間はシステムで任意に設定することができ、保留時間を過ぎたメールは自動送信される。また、保留時間内であれば、送信者自らメールの取り消しも可能。
  • 添付ファイル付きメールのダウンロード機能
    送信メールに添付ファイルがある場合には、該当メールをサーバーに一時保留後、ダウンロードURLとログインパスワードを記載した通知メールを自動生成する。一時保留時間経過後、または一時保留時間内であっても、送信者自ら送信許可をした場合には、その通知メールを受信者に送信する。
    送信者は特別なソフトウェアをインストールする必要はなく、従来通りメールにファイルを添付して送信するだけで利用できる。受信者はメールに記載されたURLにアクセスし、ログインすることで、メールおよび添付ファイルをダウンロードできる。
  • 添付ファイルのZIP暗号化機能
    添付ファイルは、Web経由のダウンロードだけではなく、パスワード付ZIPファイルに変換して、メールの添付ファイルとして受信者に届けることも可能。「メールに添付してファイルを届けたいが、経路上での盗み見対策をしたい」「公開鍵暗号方式によるメール暗号化では運用負荷が高すぎる」「もう少し簡便に添付ファイルのセキュリティー対策をしたい」という場合に併用が可能。
  • ファイルのWebアップロード機能
    ファイル転送の際の送信者インタフェースは、メールへのファイル添付だけでなく、Webブラウザ画面を使用したファイルの直接アップロードも提供する。受信者にはダウンロード用URLとログインパスワードを記載した、サイズの小さな通知メールが届けられるので、メールに添付するには大きすぎるサイズのファイルも簡単に転送、共有が可能となる。

同製品の価格は、100ユーザーで105万円(税込)より。製品価格は利用するユーザー数により異なる。また、製品標準価格の15%にて、年間サポートが提供される。FAX、メールによる10インシデントの問い合わせ、およびソフトウェア無償バージョンアップ権利が付属する。

同製品の動作環境は、Red Hat Enterprise Linux 5 Server for x86 / x86_64となっている。


HDE
http://www.hde.co.jp/

関連記事

HDE、メール誤送信対策ソフトウェア「HDE Secure Mail FINAL」を提供開始HDEは2009年12月11日、メール誤送信対策ソフトウェアの決定版として「HDE Secure Mail FINAL(以下HSMF)」を2010年2月15日より販売開始することを発表した。

PAGE TOP