[市場動向]

ユーザーの生の声 100―ソフトウェア保守サポート戦略的活用元年 Part 2

2010年1月12日(火)

料金や契約形態の「納得感」を切望 ユーザー企業は保守サポートに何を望んでいるのか。本誌は緊急読者アンケートを実施した。 その結果、料金体系や契約形態の改善、保守サポート内容のメニュー化などを切望する具体的な意見が100件以上寄せられた。 料金に関する声も多いが、それ以上に契約形態やメニューに関する声が目立つ。

[ 調査概要 ]

  • 対象:本誌読者のうちIT部門責任者と担当者2000人
  • 期間:2009年11月18日〜27日
  • 有効回答数:170件(回答率8.5%)

サポート料金に関する読者の声

契約内容に見合った費用であることを切実に望む

自社にとってバージョンアップは有効でないケースが多いので料金が高いと感じる

年間20%程度のサポート料は高すぎである。特に企業内システムではシステム稼働後バージョンアップをすることが少なく、サポート契約のメリットを享受できない

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
関連記事

ユーザーの生の声 100―ソフトウェア保守サポート戦略的活用元年 Part 2料金や契約形態の「納得感」を切望 ユーザー企業は保守サポートに何を望んでいるのか。本誌は緊急読者アンケートを実施した。 その結果、料金体系や契約形態の改善、保守サポート内容のメニュー化などを切望する具体的な意見が100件以上寄せられた。 料金に関する声も多いが、それ以上に契約形態やメニューに関する声が目立つ。

PAGE TOP