[新製品・サービス]

ETL設定やKPIを事前定義したBIソフト 日本オラクルが提供開始

2010年1月19日(火)

Oracle Business Intelligence Applications日本オラクル 日本オラクルは2009年12月8日、BI(ビジネスインテリジェンス)製品「Oracle Business Intelligence Appli-cations」の提供を開始した。

分析時に利用するDHW(データウェアハウス)の構造や、各種業務システムからDWHにデータを格納する際のETL(抽出/変換/ロード)設定などを事前定義済み。ベストプラクティスに基づいた、業種/業務別のKPI(重要業績評価指標)も、あらかじめ備える。「一般的なBI製品が備えるテンプレートの実態はKPI集であることが多いが、当社はデータ収集の定義まで含んでいるのが特徴。結果として、本稼働までの期間を大幅に短縮できる」(Fusion Middleware事業統括本部 シニアマネージャ 瀬尾直仁氏)ことを前面に打ち出す。

E-Business Suite、PeopleSoft Enterprise、Siebel、JD Edwardsといったオラクル製品に加え、SAPなど他社の主要な業務パッケージソフトにも対応し、統合的なデータ分析環境を構築できる。参考価格は公表しておらず、案件ごとの個別見積もりとなる。

関連記事

ETL設定やKPIを事前定義したBIソフト 日本オラクルが提供開始Oracle Business Intelligence Applications日本オラクル 日本オラクルは2009年12月8日、BI(ビジネスインテリジェンス)製品「Oracle Business Intelligence Appli-cations」の提供を開始した。

PAGE TOP