[製品サーベイ]

暗号化と権限設定で情報漏洩を防止するIRM製品 きめ細かなファイル管理を可能に

2010年1月14日(木)

IRM(Information Rights Management)製品 重要な文書ファイルの管理徹底は大切だが、あまりにがんじがらめにすると業務効率の低下を招く。そこで注目を集めているのが、きめ細かなアクセス制御を効率化し、利便性と情報漏洩の防止を両立するIRM(Information Rights Management)製品だ。

データファイルを、それを扱う権限を持つ人だけに使わせる─。音楽や映像ファイル配信の分野では既にDRM(デジタル著作権管理)と呼ぶ技術が一般的になってきた。例えばiTunes Music Storeで購入した楽曲や映像作品は、勝手にコピーして再流通させることはできない。このようにファイルのコピー回数や他のデバイスへの移動を制限したり、一定期間後に再生不能にしたりといったコントロールを可能としているのがDRMだ。

この技術をOfficeやCADといった業務ソフトのデータファイルに適用したのが、IRM(Information Rights Management)である。一般的な業務文書を対象に、ファイル単位でアクセス制御するほか、閲覧期限を設定したり、操作ログをユーザー単位で取得できるといった特徴を持つ。

暗号化と権限管理でファイル利用をきめ細かく管理

情報漏洩を防止する一般的な手法に、ファイルの暗号化がある。だが暗号化のみでは単純な管理しかできない。復号鍵が無ければファイルの内容がまったく見えない一方で、鍵さえあれば無制限に閲覧できる。実際のビジネスの現場では、もっときめ細かな管理をしたいというニーズがある。「特定顧客には閲覧だけでなく編集も印刷も許可したいけれど、それ以外は内容の閲覧だけにとどめたい」といった具合だ。

IRMは、詳細なアクセス権限管理機能でこれを解決する。たとえば「Aという権限を持つユーザーがBという重要度の文書を入手した場合、閲覧のみ許可して編集は許可しない」といったポリシーを設定することで、ファイルの使用範囲を制限する。暗号化も併せて施すことで、たとえIRMの管理外に渡ったとしてもファイルの閲覧を不可能にする。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
バックナンバー
製品サーベイ一覧へ
関連記事

暗号化と権限設定で情報漏洩を防止するIRM製品 きめ細かなファイル管理を可能にIRM(Information Rights Management)製品 重要な文書ファイルの管理徹底は大切だが、あまりにがんじがらめにすると業務効率の低下を招く。そこで注目を集めているのが、きめ細かなアクセス制御を効率化し、利便性と情報漏洩の防止を両立するIRM(Information Rights Management)製品だ。

PAGE TOP