[ザ・レビュー]

「WebSAM Invariant Analyzer」: システム安定稼働時の性能相関モデルを基に「いつもと違う挙動」を視覚的にあぶり出す

2010年1月18日(月)

WebSAM Invariant Analyzer(NEC) システム監視ツールでも予兆を検知しきれない障害が一定の頻度で起こり得る。この問題を解決すべく、NECが2009年10月に発表したのが「WebSAM Invariant Analyzer」である。独自技術を基に、属人的なノウハウに頼らない障害対策ツールを目指した。

「システムの反応が明らかに遅い」と、現場から苦情めいた問い合わせが入った。しかし、システム監視ツールを見る限り、特段の障害メッセージはない。何が起きているのか−。

原因は意外なところにあった。あるアプリケーションが暴走し、サーバーのプロセサを占有し続けていたのだ。システム監視ツールは、プロセサ使用率が80%を超えたらアラートを出す設定になっていたはず。ところが、このサーバーは4コア構成。1つを占有しても全体ではせいぜい30%どまりで、しきい値の範囲内だったのである。

システムが大規模かつ複雑になると、一般的なシステム監視ツールで検知しにくい障害の発生頻度も高くなる。そうした“サイレント障害”の原因追及の一助とすべくNECが開発したソフトが「WebSAM Invariant Analyzer」である。「障害の約8割は既存のシステム監視ツールで認知できるが、それをすり抜けた残る2割は原因追及に多大な時間がかかっているのが実状。この問題を何とか解決しようと製品化に挑んだ」(第一システムソフトウエア事業部 マネージャーの加藤清志氏)。

平常時の性能値をモデル化する

社内の技術研究所に相談を持ちかけたのは2003年のこと。いくつかの要素技術を検討し、最終的には数学的な相関関係モデル理論を応用することにした。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ザ・レビュー一覧へ
関連記事

「WebSAM Invariant Analyzer」: システム安定稼働時の性能相関モデルを基に「いつもと違う挙動」を視覚的にあぶり出すWebSAM Invariant Analyzer(NEC) システム監視ツールでも予兆を検知しきれない障害が一定の頻度で起こり得る。この問題を解決すべく、NECが2009年10月に発表したのが「WebSAM Invariant Analyzer」である。独自技術を基に、属人的なノウハウに頼らない障害対策ツールを目指した。

PAGE TOP