[ユーザー会通信]

SuperStream Users Group(エス・エス・ジェイ)第15回

2010年1月25日(月)

準備にしっかり時間をかけ満を持して設立 事例研究や技術獲得に力注ぐ国産会計ソフトのユーザー会 エス・エス・ジェイ(以下、SSJ)が純国産の人事給与・財務会計ソフトとして「SuperStream」を発売開始したのは1995年のこと。以来、導入企業は着実に増え、累計5500社に達する。

もっとも、すべてはパートナーを通じての販売であるため、ユーザーの声が届きにくいという問題意識がSSJ社内に持ち上がった。そこで、2年ほど前からユーザー会設立に向けての検討、調査を開始した。

Webを使ってのアンケートから、実際にユーザーを集めてのフリーディスカッションなど、ユーザー企業が何を求めているかを時間をかけて調査。その結果、他のユーザー企業の活用事例や製品ロードマップをもっと知りたいという声、逆に製品への要望を直接SSJに伝えたいというユーザーの要望が明確になり、それを基に具体的な準備に取りかかった。そして2009年7月、満を持してSuperStream Users Group(SSUG)が誕生した。

設立時の会員はユーザー企業40社。半年を経ずして、現在は会員数45社となっている。パートナー企業も賛助会員として14社が会の運営に協力する。

活動の中心となるのは分科会の運営だ。会計と人事給与、2つの分科会がそれぞれ、活用・事例研究会と製品技術勉強会の2つのテーマで活動を展開する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ユーザー会通信一覧へ
関連記事

SuperStream Users Group(エス・エス・ジェイ)第15回準備にしっかり時間をかけ満を持して設立 事例研究や技術獲得に力注ぐ国産会計ソフトのユーザー会 エス・エス・ジェイ(以下、SSJ)が純国産の人事給与・財務会計ソフトとして「SuperStream」を発売開始したのは1995年のこと。以来、導入企業は着実に増え、累計5500社に達する。

PAGE TOP