[ザ・プロジェクト]

“個客”のダイエット支援に向けeコマースサイトを短期構築【ハウス食品】

2010年1月28日(木)

ハウス食品が、ダイエット支援サイト事業に本格参入した。ユーザー1人ひとりを意識した手厚いサポートをWeb上で実現するため、米国製のコマースソフトを入念にカスタマイズ。プロジェクトメンバーは、開発中の仕様変更や突然の期限前倒しといった困難にめげず、予定通りに新サイトをサービスインさせた。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

佐藤 典彦 氏
佐藤 典彦 氏
ハウス食品 健康食品部 開発マネージャー
製品企画・開発部署での業務歴は約20年。2006年にニュートリシステムJ−ダイエット事業のベースとなる企画を立ち上げた後、同事業の企画・運営全般の担当マネージャーを務めている

徳倉 洋太 氏
徳倉 洋太 氏
ハウス食品 健康食品部 ブランドプランナー
調査セクションを経て、2008年4月に健康食品部に着任。現在は、ニュートリシステムJ−ダイエット事業におけるECシステムやユーザーサポート、マーケティングなどのプランニングおよび運営を担当している

山内 理史 氏
山内 理史 氏
理経 執行役員 技術開発部 部長
1987年4月に理経入社。旧ディジタル・イクイップメント社製品を担当した後、企画開発部でオープン・システム製品の開発業務に従事。現在は、技術開発部において先進技術を基盤としたシステム企画開発を担当している

寺尾 圭太 氏
寺尾 圭太 氏
理経 技術開発部 SI開発グループ グループ長
2003年4月に理経入社。主にATG製品を用いたコマースシステムやナレッジマネージメントシステム、メール配信システムなどの導入を手がける。今回のプロジェクトでは、PMとして開発チームを率いた。現在、ニュートリシステムJ-ダイエットの次のフェーズに向けて、案件開発に当たっている

─ 2009年10月にダイエット支援サイトを立ち上げたそうですね。

佐藤: はい。「ニュートリシステムJ-ダイエット」という名称です。これは単なる物販サイトではありません。肥満解消を目的に、30品目の低カロリー食品とサポートをセットにしたプログラムを販売するサイトです。商品購入者に対しては、ダイエットプランのほかカウンセリングを提供します。

─ 具体的には?

佐藤: 商品購入後、ユーザーは現在の体重や目標体重、日々の運動量などをWeb上の問診票に入力します。それに基づき、管理栄養士がユーザー1人ひとりの体重や嗜好にあったダイエットプランを作成。電話やメールでの問い合わせにも何度でも応じます。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

“個客”のダイエット支援に向けeコマースサイトを短期構築【ハウス食品】ハウス食品が、ダイエット支援サイト事業に本格参入した。ユーザー1人ひとりを意識した手厚いサポートをWeb上で実現するため、米国製のコマースソフトを入念にカスタマイズ。プロジェクトメンバーは、開発中の仕様変更や突然の期限前倒しといった困難にめげず、予定通りに新サイトをサービスインさせた。 聞き手は本誌副編集長・川上 潤司 Photo:陶山 勉

PAGE TOP