[新製品・サービス]

ネットケアサービス、電力監視システム「Plum for Cisco」を提供開始

2010年1月7日(木)

ネットケアサービスは2010年1月6日、ワイヤレスセンサーとCisco IP Phoneを利用した電力監視システム「Plum for Cisco」の提供を開始したと発表した。同社は、電力の使用状況を測定し、データとして可視化することが電力消費の抑制や削減の第一歩に繋がるとしている。

「Plum(Power supply Linux Management) for Cisco」は、「ワイヤレスサブメータリングセンサー(Wi-LEM)」を使用して、電力消費量を時刻ごとに測定し、Webサーバにより、デマンド(最大需要電力)値などのグラフ表示が可能で、データを数ヶ月以上保持することで、現在と過去のデータの比較や今後の電力消費量を予測できる。

これに加え、Cisco社のIP電話機との連携により、IP電話でのデータの参照のほか、電力の使用状況に異常を検知した場合に、自動で指定のIP電話に音声やメールで異常の発生を知らせる。さらに、IP電話からの操作で指定の機器の電源を切ったり、使用を停止することも可能で、無駄な電力の消費を抑える。

同システムは無線を利用するため、大規模工事が不要で、既存システムへの影響及び初期コストを最小限に抑えて導入できる。また、「ワイヤレスサブメータリングセンサー(Wi-LEM)」は、測定ポイントに設置するコネクタ部分がソフトなコードタイプのため、取り付けが容易で、あらゆる設置環境に柔軟に対応する。

同社は、2010年の同製品の販売目標を200台(1基本セット167万円~)とし、電力消費抑制及びCO2排出ガス低減に貢献していくとしている。


ネットケアサービス
http://www.e-care3.net/

 

関連記事

ネットケアサービス、電力監視システム「Plum for Cisco」を提供開始ネットケアサービスは2010年1月6日、ワイヤレスセンサーとCisco IP Phoneを利用した電力監視システム「Plum for Cisco」の提供を開始したと発表した。同社は、電力の使用状況を測定し、データとして可視化することが電力消費の抑制や削減の第一歩に繋がるとしている。

PAGE TOP