[新製品・サービス]

網屋がアクセス・ログ管理ソフトに新版、NFS管理や監視レポートを強化

2010年1月14日(木)

 網屋は2010年1月14日、Windows機やファイル・サーバー機のアクセス・ログを収集して管理するソフトの新版「ALogコンバータ Ver.3.4」を発表した。NetApp使用時にCIFSに加えてNFSを監視できるようにするなど監視対象を増やしたほか、ログ検索/分析ソフトを刷新して監視レポート機能などを強化した。2010年1月15日から販売/出荷する。価格は98万円(税別)から。

 ALogコンバータは、Windowsサーバー機やNASファイル・サーバーのOSが出力するイベント・ログをエージェントレスでリモートから収集/管理するソフト。収集したイベント・ログからファイル・アクセス履歴などを抽出/加工してデータベース管理する。ログ検索/分析ソフトを備え、ログの可視化や監視レポートの作成が可能である。

 監視対象に応じて、以下の3製品を用意する(いずれも価格は税別98万円から)。(1)Windows機向けの「ALogコンバータ for Windows」、(2)米NetApp製NAS向けの「同 for NetApp」、(3)米EMC製NAS向けの「同 for EMC」---である。これに加えて、(4)データベース・サーバーであるSQL Serverが出力する監査ログを収集/監査する「同 for Database」も用意している。

 今回の新版では、ログを収集対象となるシステムの種類を拡充した。Windows機向けでは、新たにWindows 7のログを監視できるようにした。NetApp向けでは、CIFSに加えて、新たにNFSのボリュームを監視できるようにした。EMC向けでは、従来通りCIFSボリュームの監視に限るが、利用できるNASの種類/OSの種類を増やした。新版ではまた、ログ検索/分析ソフトを刷新し、より詳細な監視レポートを作成できるようにした。

関連記事

網屋がアクセス・ログ管理ソフトに新版、NFS管理や監視レポートを強化 網屋は2010年1月14日、Windows機やファイル・サーバー機のアクセス・ログを収集して管理するソフトの新版「ALogコンバータ Ver.3.4」を発表した。NetApp使用時にCIFSに加えてNFSを監視できるようにするなど監視対象を増やしたほか、ログ検索/分析ソフトを刷新して監視レポート機能などを強化した。2010年1月15日から販売/出荷する。価格は98万円(税別)から。

PAGE TOP