[新製品・サービス]

マカフィー、Windows 7に対応した「Total Protection Service」最新版を発表

2010年1月15日(金)

マカフィーは2010年1月14日、業務インフラへの追加コストなしに常時プロテクションを実行するSaaS型ソリューション「McAfee Total Protection Service(マカフィートータル プロテクション サービス)」の最新版v5.0の提供を、2010年1月18日より開始すると発表した。同製品は、インターネットで利用可能なオンラインコンソール「McAfee SecurityCenter(マカフィー セキュリティセンター)」にアクセスし、エンドポイントやWebなどのプロテクション機能を統合管理することで、企業の管理、レポート、設計を可能にするSaaS型のソリューションである。同社は、同製品を導入した企業は平均50%のコスト削減を実現するとしている。

「Total Protection Service 5.0」は、McAfee Labs(マカフィーラボ)が収集するリアルタイムのGlobal Threat Intelligence(グローバル スレット インテリジェンス)によって強化されている。クラウドベースのArtemis(アルテミス)テクノロジとTrustedSource(トラステッドソース)テクノロジを活用しており、新たな脅威が発生するとすぐに自動で更新される。Artemisテクノロジとは、顧客にリアルタイムの脅威対策を提供し、対応するシグネチャがないマルウェアによるリスクを低減するサービスである。コンピュータが悪意のあるコードに攻撃された場合、すぐにアクティブな保護を提供する。また、TrustedSourceテクノロジは、URL、IPアドレス、ドメイン、およびコンテンツのレピュテーションデータの収集と評価付けを行うグローバルな脅威分析エンジンである。ネットワークトラフィックを防護するために、世界120カ国に配備されたマカフィーのセンサーネットワークから、毎月数十億のクエリを取得し解析を行っている。

「Total Protection Service」の機能は次のとおり。

「Total Protection Service」は、オフサイトでセキュリティインフラを管理し、アップデートやアップグレードを自動化することで、運用コストを削減するとともに、継続的な保守・サポート業務を軽減する。本ソリューションには、統合エンドポイント対策(ウイルス対策、スパイウェア対策、ファイアウォール)、McAfee SiteAdvisor Webセキュリティ(マカフィー サイトアドバイザ)、Webフィルタリング、脆弱性スキャン機能が組み込まれている。管理者は、最新のSecurityCenterのオンラインコンソールにアクセスし、カスタマイズされたダッシュボードでセキュリティ環境を認識することで、管理の柔軟性を高めることができる。

今回新たに加わった機能は、次のとおり。

  • SecurityCenterの刷新
    インターフェースを改善し、スケジュール化されたレポーティング機能を追加することで、容易な管理を実現した。管理者はSecurityCenterへログオンせずに、ウイルスの検出数等を確認し、レポートをメールで自動送信することができる。
  • 最新技術によるマルウェアの検知
    Artemisテクノロジが、新種のマルウェア検出時に更新情報を瞬時に提供することにより、マルウェア発生から定義ファイル更新までの間に感染する危険性を排除する。
  • Webフィルタリング
    SiteAdvisorにより、安全性評価とカテゴリーでWebサイトを分類し、フィルタリングを自動化する。またポリシー設定を容易にすると同時に、警告・遮断されたWebサイトのレポート表示を行う。
  • 脆弱性診断
    データセンターからの疑似攻撃により外部からアクセス可能なすべてのIPアドレス(Webサーバ等)の脆弱性をスキャンする。またPCI(Payment Card Industry)コンプライアンスに対応したレポーティングが可能になった。
  • Windows 7のサポート
    マイクロソフトのWindows 7(32 ビット/64 ビット版)に対応。新規のWindows 7を搭載したPCだけでなく、以前のOSからWindows 7へのアップグレードの場合でも同様に保護を実現する。

「McAfee Total Protection Service 5.0」の価格(税込み)は、1ノード6804円(1~25ライセンス、ライト・テクニカルサポートの場合)から。

なお同社は、他社アンチウイルス製品を利用中で、今回「McAfee Total Protection Service」を購入する企業を対象に、「乗り換えキャンペーン」を期間限定で開始した。
期間は、2010年3月31日発注分まで。
「McAfee Total Protection Service 5.0」を通常乗り換え価格の50%OFF(新規価格の65%OFFに相当)で提供する。


「McAfee Total Protection Service 5.0
http://www.mcafee.com/japan/products/total_protection_service.asp

Artemisテクノロジ
http://www.mcafee.com/japan/security/gti_artemis.asp

TrustedSourceテクノロジ
http://www.mcafee.com/japan/security/gti_trustedsource.asp

セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果
http://www.mcafee.com/japan/security/publication.asp

「乗り換えキャンペーン」
http://www.mcafee.com/japan/campaign/tps_replace.asp

マカフィー
http://www.mcafee.com/jp/

関連記事

マカフィー、Windows 7に対応した「Total Protection Service」最新版を発表マカフィーは2010年1月14日、業務インフラへの追加コストなしに常時プロテクションを実行するSaaS型ソリューション「McAfee Total Protection Service(マカフィートータル プロテクション サービス)」の最新版v5.0の提供を、2010年1月18日より開始すると発表した。同製品は、インターネットで利用可能なオンラインコンソール「McAfee SecurityCenter(マカフィー セキュリティセンター)」にアクセスし、エンドポイントやWebなどのプロテクション機能を統合管理することで、企業の管理、レポート、設計を可能にするSaaS型のソリューションである。同社は、同製品を導入した企業は平均50%のコスト削減を実現するとしている。

PAGE TOP