[インタビュー]

「Web性能監視の最後のピースが揃った」、Gomezを買収した米Compuware幹部

2010年1月21日(木)

 米Compuwareは、アプリケーション開発/運用ソフトを手がけるソフト・ベンダーである。現在の主力製品の1つが、Webアプリケーションを対象としたパフォーマンス監視ソフトの「Vantage」。業務の視点やエンドユーザーの視点に立ったWebアクセス性能の監視や、ドリルダウンによるボトルネック分析ができる。

 2009年11月には米Gomezを買収し、Vantageを補完するSaaS型サービス「Gomez」をポートフォリオに追加。Gomezは、全世界に分散配置したWebクライアントからインターネットを介してWebシステムにアクセスし、Webシステムのレスポンス性能を監視するサービスである。10万件以上の拠点から、PCや各種デバイス、各種OSと各種Webブラウザを自由に組み合わせてアクセスできる。

 インプレスビジネスメディアは2010年1月19日、来日中の米Compuware幹部2人に、パフォーマンス監視市場の動向について聞いた。ワールドワイド・プロダクト・セールス担当のPatrick Stayer氏と、フィールド・テクニカル・サポート担当のGery Plourde氏である。

---Webアプリケーションの性能監視に注力するに至った経緯は。

Patrick Stayer氏: 1973年に会社を設立して以来、30年以上に亘ってソフトウエア・ベンダーとしてやってきた。この事業自体は変わっていない。当時はメインフレームを使ったソフトウエア開発の生産性向上に軸足を置いていた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「Web性能監視の最後のピースが揃った」、Gomezを買収した米Compuware幹部 米Compuwareは、アプリケーション開発/運用ソフトを手がけるソフト・ベンダーである。現在の主力製品の1つが、Webアプリケーションを対象としたパフォーマンス監視ソフトの「Vantage」。業務の視点やエンドユーザーの視点に立ったWebアクセス性能の監視や、ドリルダウンによるボトルネック分析ができる。

PAGE TOP