[新製品・サービス]

NTTデータグループ、国際会計基準(IFRS)対応を支援する統合サービスを提供

2010年1月22日(金)

エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)とそのグループ企業からなるNTTデータグループは、日本企業の国際会計基準(IFRS)対応をサポートするため、欧州グループ会社で展開中のサービスにおけるノウハウを体系化し、幅広い業種・業界に向けたIFRS対応のトータルサービスとして2010年1月21日より国内でも展開すると発表した。

IFRS対応サービスでは、ロードマップを含めたIFRS対応構想の策定から、業務改革、システム構築、社員教育、運用定着まで一貫したサービスメニューをそろえ、顧客企業の状況に合わせて提供していく。同サービスは、大きく以下の3つから構成される。

  1. 「構想策定コンサルティング」:IFRS診断・インパクト分析サービス、ロードマップ策定サービス
  2. 「実装・運用定着サービス」:業務改革実行・運用定着サービス、会計系システム構築サービス
  3. 「プロジェクトマネジメント・教育サービス」:社内教育サービス、プロジェクトマネジメントオフィス

発表によるサービスの特徴は以下のとおり。

  • 業務特性に基づいて業界別にIFRS対応要件を体系化、テンプレート化することで、グローバル企業、国内企業における業界固有のマネジメントスタイルや商慣習に合わせたIFRS対応を提案
  • システムライフサイクルと経営課題を反映した施策ロードマップを策定
  • Cirquent(サークエント)やitelligence(アイテリジェンス)といった欧州グループ会社との合同チームを立ち上げ、欧州でのノウハウを日本国内に展開し、グループ連携を図る

IFRS対応について、多くの日本企業における喫緊の課題は中期的ロードマップの確立だとNTTデータグループでは考えており、IFRS対応サービスでは「Step1:IFRS適用による連結決算の開示」、「Step2:グループ全体での制度・業務プロセス・IT標準化」「Step3:グローバルな経営情報流通基盤確立と見える化」など、顧客にとって最適なゴールを設定し、ロードマップを策定するとのこと。

NTTデータグループでは、同サービスの提供にあたり、NTTデータ内に「IFRSビジネス推進室」を設立。グループ企業のクニエ、NTTデータ経営研究所を合わせ、会計系を中心としたシステム構想策定・構築経験者、会計業務経験者、公認会計士などを含む100名規模のコンサルティング体制で顧客の構想策定を支援する。さらに、SAP、Oracle-EBS、Biz∫などのソリューションによって企業基幹システムを構築する各グループ企業とも連携し、2010年度末には300名規模の体制で、顧客ニーズに合わせたトータルサービスの提供を進めていく。


NTTデータ
http://www.nttdata.co.jp/
 

関連記事

NTTデータグループ、国際会計基準(IFRS)対応を支援する統合サービスを提供エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ)とそのグループ企業からなるNTTデータグループは、日本企業の国際会計基準(IFRS)対応をサポートするため、欧州グループ会社で展開中のサービスにおけるノウハウを体系化し、幅広い業種・業界に向けたIFRS対応のトータルサービスとして2010年1月21日より国内でも展開すると発表した。

PAGE TOP