[インタビュー]

「個別開発のカスタマイズ成果をSCMパッケージに反映」 マンハッタン・アソシエイツが製品戦略語る

2010年1月26日(火)

インプレスビジネスメディアは2010年1月25日、マンハッタン・アソシエイツ日本法人のビジネスディベロップメント・マネジャーを務める楢崎 芳樹氏に、同社の製品戦略を聞いた。

マンハッタン・アソシエイツ日本法人のビジネスディベロップメント・マネジャーを務める楢崎 芳樹氏 写真 マンハッタン・アソシエイツ日本法人のビジネスディベロップメント・マネジャーを務める楢崎 芳樹氏

 当社はサプライチェーンマネジメント(SCM)パッケージの独立系ベンダーだ。実行系、特に倉庫管理を中心としたSCMパッケージを開発、販売している。1990年に米ジョージア州アトランタで創業し、日本市場には2004年から本格参入している。全世界のユーザーは約1200社に達し、その中にはトヨタ自動車や日産自動車の海外法人も含まれる。日本国内ではグンゼのほか、物流業を中心に約30社が当社製品を導入済みだ。

 主力製品は、UNIXベースでSCMの計画系から実行系まで揃えた大企業向けの「Manhattan SCOPE」、Windowsベースで実行系に絞った部門・中堅企業向けの「Manhattan SCALE」の2つだ。両製品は当社が強みを持つ倉庫管理機能のほか、ヤード管理や輸配送管理、倉庫内労務管理といった倉庫管理を補完する機能を備えている。

 国内でSCM分野にパッケージ導入が進んだのは1990年代後半のこと。当時は手組みと同様の要望をパッケージに求めるユーザーも少なくなく、カスタマイズが状態化していた。

 最近ではパッケージへの理解が進んできたものの、いまだカスタマイズへの要望は根強い。だがカスタマイズはシステム導入やアップグレードの負荷増大につながりがちで、できれば抑えたいというのがユーザー企業の願いだ。そこで当社は、パッケージのカスタマイズを極力減らすための工夫を盛り込んでいる。「個別開発のカスタマイズの成果」と「ユーザーからの機能追加要望」の2つを製品に反映させる仕組みだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「個別開発のカスタマイズ成果をSCMパッケージに反映」 マンハッタン・アソシエイツが製品戦略語るインプレスビジネスメディアは2010年1月25日、マンハッタン・アソシエイツ日本法人のビジネスディベロップメント・マネジャーを務める楢崎 芳樹氏に、同社の製品戦略を聞いた。

PAGE TOP