[新製品・サービス]

ニフティ、オンデマンド・従量制の仮想化を実現する「ニフティクラウド」を発表

2010年1月27日(水)

ニフティは2010年1月26日、ニフティのサービス基盤を活用した本格的なクラウドサービス「ニフティクラウド」の提供を2010年1月27日から開始し、クラウドサービス事業に参入すると発表した。「ニフティクラウド」は、顧客の利用状況に応じてサーバーやメモリの増設にオンラインで対応できるオンデマンド、1時間単位で利用できる従量制の料金プラン、大規模システムを運営する仮想化技術を活用したシステム構成が特長である。

同社は、約2年前からサーバーの仮想化技術を利用した@niftyのサービスを運営している。現在160になる「@nifty」サービスは、仮想化技術によりクラウド環境で運用されており、あらゆる災害に備えた堅牢なファシリティと、厳重なセキュリティ対策が施されたデータセンターである。「ニフティクラウド」では、その実績に基づいたノウハウにより、まずIaaS(Infrastructure as a Service)環境を提供するクラウドサービスを展開し、今後はPaaS(Platform as a Service)、SaaS(Software as a Service)分野へ展開するとしている。

「ニフティクラウド」の特長は次のとおり。

(1) クラウド・オンデマンド

  • サーバー準備にかかる時間は約5分。「ニフティクラウド」の申し込みが完了していれば24時間365日いつでも利用したいタイミングでサーバーを起動できる。
  • サービスのピークの波に合わせて柔軟かつリアルタイムにサーバーの構成を組み替えることができる。小規模サーバーを利用するタイプから大規模サーバーを利用するタイプへの切り替えも可能。
  • サーバー台数やメモリの増設がオンラインで可能。直感的に操作可能なクラウドサービス専用のコントロールパネルを無料で提供する。

(2) 従量制

  • 1時間単位でクラウドサービスが利用可能。
  • 料金プランは定額制または従量制を選択可能。
  • 待機サーバーとしての利用にも対応。サーバーが停止状態でも1時間5.25円(税込み)から利用できる従量制プランもある。

(3) 仮想化技術の提供

  • @niftyのサービスを運営している実績に基づいた仮想化運営ノウハウを提供。


「ニフティクラウド」の基本メニューは次のとおり。

【サーバータイプ】

  • サーバースペックは当初4パターン(2010年4月までに10パターンに拡大予定)。
  • サーバータイプは利用者の希望により随時変更可能(コントロールパネルからの切り替えが可能)。
  • タイプ別の月額固定と従量課金の価格(税込み)
    「Mini」タイプ:1vCPU(1GHz相当)512MBメモリは、7875円/月または12.6円/時間。
    「Small」タイプ:1vCPU(3GHz相当)1GBメモリは、1万3335円/月または23.1円/時間。
    「Medium」タイプ:2vCPU(3GHz相当)2GBメモリは、2万5410円/月または44.1円/時間。
    「Large」タイプ:4vCPU(3GHz相当)4GBメモリは、4万8300円/月または84円/時間。

【 OS 】
CentOS 5.3 32bit/64bit・Redhat 5.x 32bit/64bit(2010年4月導入予定)・WindowsServer2008R2 SE/EE(64bit)(2010年4月導入予定)
【基本ディスク容量】
30GB(追加ディスクは100GB単位、有償オプション)
【ネットワーク転送量】
インターネット側データ転送量1GBあたり15.75円(税込み)の従量制
【基本機能(無償)】
コントロールパネル・自動的なフェイルオーバー機能「高可用性(HA)機能」
【有料オプション機能】
固定IPサービス・プライベートLAN・ドメイン名登録・DNS管理

◆2010年4月導入予定のオプション機能
ロードバランサー・NFS領域・有償サポート・24時間365日有人監視・CentOSサポート・パッチ適用・ファイアーウォール
◆今後導入予定のオプション機能
VPN接続・SSL証明書発行・サーバーのバックアップサービス・ディザスタリカバリー・サービス監視・顧客サーバーのコピー・セキュリティ診断サービス・VMイメージの持ち込み等


「ニフティクラウド」
http://cloud.nifty.com/

ニフティ
http://www.nifty.co.jp/index.htm

関連記事

ニフティ、オンデマンド・従量制の仮想化を実現する「ニフティクラウド」を発表ニフティは2010年1月26日、ニフティのサービス基盤を活用した本格的なクラウドサービス「ニフティクラウド」の提供を2010年1月27日から開始し、クラウドサービス事業に参入すると発表した。「ニフティクラウド」は、顧客の利用状況に応じてサーバーやメモリの増設にオンラインで対応できるオンデマンド、1時間単位で利用できる従量制の料金プラン、大規模システムを運営する仮想化技術を活用したシステム構成が特長である。

PAGE TOP