CIOコンピタンス CIOコンピタンス記事一覧へ

[CIO INSIGHT]

グーグルCIOが語る企業ITの未来像 発想転換なくして新しい価値は生まれない

2010年1月29日(金)

Google It: IT's Competitive Advantage By Brian P. Watson エンドユーザーの好むOSやアプリケーションを自由に利用させることが生産性向上の近道だ—。グーグルのCIO(最高情報責任者)であるベンジャミン・フライド氏は、こう主張する。前職のモルガン・スタンレー時代での経験などから、自由なシステム環境の構築の重要性を認識。オープンな環境はIT部門の価値を高め、優秀なサポート人材獲得にもつながっているという。

革新的な企業文化や広大な敷地、無料の食事、従業員を快適にさせる様々な仕組み…。多くの人々が企業としてのグーグルに対してこんなイメージを抱いており、恵まれた環境は時に嫉妬の対象にもなる。

この最前線のオフィスにいる1人が、同社のCIO(最高情報責任者)、ベンジャミン・フライド氏だ。彼はグーグルの企業文化を醸成する上で、IT部門が中心的な役割を担っていると確信しており、様々な試行錯誤を重ねている。

そのうちの1つは、会社からの押しつけではなく、従業員が欲しいと思ったテクノロジーを提供することだ。これによってグーグルは、従業員の生産性や労働意欲の向上だけでなく、有能なプロフェッショナルをリクルートする際に大きな力を得られるとフライド氏は信じている。

この方策は、IT部門に対する不満を和らげることにもなる。「IT部門は製品やサービスの提供に長い時間と多額の資金を使っているにもかかわらず、自分たちのニーズを満たしてくれない」─。現業部門のエンドユーザーにそう感じさせないためにも、CIOやIT部門はもっと賢い意思決定をしていく必要があると同氏は主張する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
CIO INSIGHT一覧へ
関連記事

グーグルCIOが語る企業ITの未来像 発想転換なくして新しい価値は生まれないGoogle It: IT's Competitive Advantage By Brian P. Watson エンドユーザーの好むOSやアプリケーションを自由に利用させることが生産性向上の近道だ—。グーグルのCIO(最高情報責任者)であるベンジャミン・フライド氏は、こう主張する。前職のモルガン・スタンレー時代での経験などから、自由なシステム環境の構築の重要性を認識。オープンな環境はIT部門の価値を高め、優秀なサポート人材獲得にもつながっているという。

PAGE TOP