コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[市場動向]

主要ベンダーの取り組み―進化するグループウェア Part 3

2010年2月16日(火)

「人が主役」を前面に脱ヒエラルキーを追求 業務データとの連携も 2010年、グループウェアはどこへ向かっているのか。ベンダー各社が言う“コラボレーション”の具体的なイメージとはどのようなものか。「ソーシャル系技術の融合」「リッチな操作感」「業務システムとの連携」などに、大手4社の最新製品像を追う。

グループウェアの先駆けとして知られる、ロータスノーツ。その系譜を受け継ぐ「IBM Lotus Notes/Domino」を擁する日本IBMは今、コラボレーション促進の起爆剤としてWeb2.0技術の取り込みを急いでいる。

その動きを示すのが、2009年8月にリリースした「IBM Lotus Connections 2.5」。ファイル共有や共同作業の分担・進捗状況を記録する機能に加えて、各自のスキルやこれまでに携わった業務やプロジェクト、有する資格などを表示する「プロフィール」や「コミュニティ」「ブログ」「Wiki」といった機能を提供する。

同製品が目指すのは、「社内の人と人をつなげて、1人ひとりのスキルや経験を広く活用できる体制づくりを支援していくこと」(ソフトウェア事業部Lotusテクニカル・セールスの行木陽子氏)という。例えば、プロフィールをキーワード検索することで、社内の専門家や特定業務や業界に精通する人を簡単に探し出せる。個人ブログやブックマーク、公開資料の参照記録などを確認すれば、その人の専門外の知識や関心事など、経歴からだけでは読み取れない情報を詳しく知ることも可能だ。

こうした“Know Who”検索を高度化させるため、同社は「SmallBlue」と呼ぶ人物検索技術を開発し、現在、社内で利用中である。Connectionsに蓄積する個人のプロフィールデータに加えて、メールやメッセンジャーでのやりとりを分析し、組織内の“人脈図”を自動で作成する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

主要ベンダーの取り組み―進化するグループウェア Part 3「人が主役」を前面に脱ヒエラルキーを追求 業務データとの連携も 2010年、グループウェアはどこへ向かっているのか。ベンダー各社が言う“コラボレーション”の具体的なイメージとはどのようなものか。「ソーシャル系技術の融合」「リッチな操作感」「業務システムとの連携」などに、大手4社の最新製品像を追う。

PAGE TOP