[インタビュー]

「中立性の維持と海外展開力が強み、金融向けに注力」 DC事業者米エクイニクス日本法人の古田代表

2010年2月2日(火)

 インプレスビジネスメディアは2010年1月27日、データセンター事業者である米エクイニクスの日本法人、エクイニクス・ジャパンで代表取締役を務める古田 敬氏にインタビューし、同社の事業戦略を聞いた。古田氏は2009年12月に代表に就任した。

エクイニクス・ジャパン代表取締役の古田 敬氏 写真 エクイニクス・ジャパン代表取締役の古田 敬氏

 当社は米カリフォルニア州パロアルトで1998年に設立した老舗のデータセンター事業者だ。現在、北米やヨーロッパ、アジア地域の10カ国18都市、45カ所にデータセンターを保有している。日本には2002年に進出した。顧客はワールドワイドで2500社に及び、主要顧客にはグーグルやIBMといった大手企業が顔を並べる。

 当社の主要事業は、サーバーの設置スペースと電力・通信インフラを提供するコロケーションサービス(ハウジング)だ。特に通信インフラに強みを持っており、インターネットサービスプロバイダー(ISP)などが相互接続のために当社のサービスを利用している。

 我々の特徴は、特定のシステム事業者や通信事業者などに偏らない中立性だ。通信キャリア系のデータセンターを利用する場合、各社が保有する通信網の使用を強いられることは少なくない。これに対し、当社は主要キャリアの通信回線の中から顧客が自由に選択できる。

 ホスティングはせずハウジングのみに事業ドメインを特化させているのも、中立性重視の考え方を反映したものだ。ホスティングのように事業者の指定したハードウェアやソフトウェアに限定されることなく、顧客は自由にシステムを構成できる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「中立性の維持と海外展開力が強み、金融向けに注力」 DC事業者米エクイニクス日本法人の古田代表 インプレスビジネスメディアは2010年1月27日、データセンター事業者である米エクイニクスの日本法人、エクイニクス・ジャパンで代表取締役を務める古田 敬氏にインタビューし、同社の事業戦略を聞いた。古田氏は2009年12月に代表に就任した。

PAGE TOP