コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

サイボウズ総研、「ガルーン2」とグループウェアのスケジュールを同期する製品を発売開始

2010年2月5日(金)

サイボウズ総合研究所(サイボウズ総研)は2010年2月4日、大規模向けグループウェア「サイボウズ ガルーン2(以下ガルーン2)」と、複数のグループウェアやSFA製品のスケジュール情報を単・双方向に自動同期するソフト「PIMSYNC forサイボウズ ガルーン2」をアプレッソと共同で開発し、同日より発売開始すると発表した。

「PIMSYNC for サイボウズ ガルーン2」は、Microsoft Office SharePoint Server 2007、Microsoft Exchange Server 2007、Google Calendar、Lotus Notes/Domino、eセールスマネージャーに登録されたスケジュール情報の自動同期ソフトである、アプレッソの「PIMSYNC」に、アプレッソとサイボウズ総研が共同で開発した「ガルーン2」との同期を行うアダプタ機能を追加した製品。同製品によって異なる各製品に登録されたスケジュール情報、ToDoデータは連携先の他の製品との単・双方向の自動同期が可能になる。製品の販売、導入支援、サポートは、サイボウズ総研が行ない、アプレッソは開発、販売、サポートでサイボウズ総研への支援を行う。

同製品を利用することで、各部門で使い慣れた製品を利用しながら、ユーザーのスケジュールの重複入力の手間や登録内容の矛盾を解消し、短期間で安価に全社スケジュールの連携を実現できる。

同社は今後の計画として、同製品をSaaS形式のライセンスで提供することも検討しており、将来的には同社の提供する「サイボウズガルーンSaaS」との連携も可能となるような計画も予定しているという。

同製品は、連携ユーザー数による課金体系をとっており、最小販売ユーザー数単位は30ユーザーで、販売価格は66万円となる。


サイボウズ総合研究所
http://cybozu-ri.co.jp/
 

関連記事

サイボウズ総研、「ガルーン2」とグループウェアのスケジュールを同期する製品を発売開始サイボウズ総合研究所(サイボウズ総研)は2010年2月4日、大規模向けグループウェア「サイボウズ ガルーン2(以下ガルーン2)」と、複数のグループウェアやSFA製品のスケジュール情報を単・双方向に自動同期するソフト「PIMSYNC forサイボウズ ガルーン2」をアプレッソと共同で開発し、同日より発売開始すると発表した。

PAGE TOP