[新製品・サービス]

日商エレクトロニクス、自社基幹業務システムに完全Web-ERP「GRANDIT」を導入

2010年2月6日(土)

日商エレクトロニクスは2010年2月4日、顧客に提供する製品・ソリューションの販売・物流・会計業務を支える自社の基幹業務システムの刷新を行い、2009年9月より本格稼働を開始したと発表した。

同社は業務プロセスの効率化とTCO削減、および顧客サービス管理業務の一元化を目的に、数年にわたりERPソリューション導入による新基幹業務システム刷新の検討を行ってきた。そして、豊富な実績を持つ自社のICT基盤構築技術と自社が取り扱う完全Web-ERP「GRANDIT」を組み合わせたERPソリューションによる新基幹業務システムを導入した。保守契約・障害・製品検査業務などの顧客サービス業務の管理機能を付加し、より一層の保守・サポートの品質向上を目指す。また、この実績をもとに、商社、卸売業、製造業、流通業、サービス業など幅広い市場に最新・最強のERPソリューションとして展開する。

この刷新で、ICT基盤においては、HPブレードサーバー/ストレージを中心に日商エレが取り扱う先端ネットワーク製品を採用し、ハイアベイラビリティ、ハイパフォーマンスなシステムを構築。

コンソーシアム方式により業界を代表するSI企業のノウハウを結集させた第3世代ERP「GRANDIT」をベースに、カスタマイズやアドオンソフトウエアを加えた債権、債務、経理、販売、調達在庫、経費の基本システムと顧客サービスシステム、輸出入業務システムをシームレスに連携させ、機器の受注から保守サポートまでの業務を一気通貫で処理することを可能とした。さらに、従来3カ所に分散していた保守業務のデータベースを1カ所に集約することで運用の統一化を図り、顧客からの保守・障害の問い合わせなどにおいて迅速で正確な対応を可能とした。

先端ソリューションの採用により、約30%のTCO削減を見込むとともに、「GRANDIT」の内部統制機能により内部統制への対応も完了している。

今回の導入は、「GRANDIT」の債権、債務、経理、販売、調達在庫、経費といった多くのパッケージ機能を使用したソリューション事例であり、同社はこの実績・ノウハウをもとに今後幅広い市場に対して基幹業務システムソリューションの拡販を積極的に展開する予定。


日照エレクトロニクス
http://www.nissho-ele.co.jp/

完全Web対応ERP GRANDIT製品ページ
http://www.nissho-ele.co.jp/product/grandit/

 

関連記事

日商エレクトロニクス、自社基幹業務システムに完全Web-ERP「GRANDIT」を導入日商エレクトロニクスは2010年2月4日、顧客に提供する製品・ソリューションの販売・物流・会計業務を支える自社の基幹業務システムの刷新を行い、2009年9月より本格稼働を開始したと発表した。

PAGE TOP