[新製品・サービス]

EMCジャパン、ストレージ「CLARiX CX4」シリーズで高密度構成の新モデルを発表

2010年2月9日(火)

EMCジャパンは2010年2月8日、ストレージ製品「EMC CLARiX CX4」シリーズにおいて、従来のシステムの半分の設置面積で2倍の容量を可能にする、高密度構成の新モデル2種の販売を開始した。同シリーズの上位機種である「CLARiX CX4モデル480」、「CLARiX CX4モデル960」に対応しており、従来の1TBから、2TBの容量を持つ省電力SATAディスクドライブをサポートしている。

新しい高密度構成では、2TB SATAドライブ、エンタープライズ・フラッシュ・ドライブ(EFD)、ディスク・スピン・ダウン、EMC FAST(Fully Automated Storage Tiering)などの技術が組み合わされており、増大するデータ量を顧客がより容易に管理できるよう支援する。発表による新モデルの主な特徴は以下のとおり。

  • 1つのラックに最大390台の5,400/7,200 RPM(回転毎分)2 TB SATAドライブおよびフラッシュドライブを提供可能で、従来のラックに同じ数のドライブを搭載した場合と比べ設置面積および電力接続数が半分で済む。CIFSおよびNFSを使用したい場合は、「Celerra」ゲートウェイシステムを使用することでよりコンパクトなCLARiX CX4システムを導入可能。
  • 5,400 RPM 2 TB SATAドライブは、1 TB 7,200 RPM SATAドライブに比べて2倍の容量を提供すると同時に、電力消費量を60%以上削減可能。
  • 1 TBおよび2 TB SATAディスクドライブに加え、フラッシュメモリにデータを保存するEFDもサポート。使用していないディスクドライブの電源をオフにするEMCスピン・ダウン・テクノロジーにより、従来の回転ディスクを使用したSATAドライブよりも電力消費量を65%削減可能にする。
  • ストレージシステムのラックの前面から、すべてのディスクドライブにフルアクセス可能。スライドする設計の採用により、前面のディスク格納筺体を前方に動かすことができ、その結果、後方のディスク格納筺体やドライブへのアクセスがしやすくなる。


EMCジャパン
http://japan.emc.com/
 

関連記事

EMCジャパン、ストレージ「CLARiX CX4」シリーズで高密度構成の新モデルを発表EMCジャパンは2010年2月8日、ストレージ製品「EMC CLARiX CX4」シリーズにおいて、従来のシステムの半分の設置面積で2倍の容量を可能にする、高密度構成の新モデル2種の販売を開始した。同シリーズの上位機種である「CLARiX CX4モデル480」、「CLARiX CX4モデル960」に対応しており、従来の1TBから、2TBの容量を持つ省電力SATAディスクドライブをサポートしている。

PAGE TOP