[中国電脳事情]

【中国電脳事情】中国の年間IT支出の成長率は10%(vol.02)

2010年2月12日(金)

アバ自治州に国産ソフトウェア基地建設へ ─ 四川日報(電子版)、12/6 中国最大の国産ソフトウェア・アライアンスである「長風連盟」が、四川省アバ・チベット族チャン族自治州と共同で、同自治州内に国産アプリケーション・ソフトウェアのモデル基地を建設すると表明した。

長風連盟は2005年に設立され、現在75の会員法人を有し、会員法人の年間売上高は254億元に上る。同連盟は08年7月、アバ自治州に対して約1300万元相当のソフト・ハードウェアを寄贈し、同州と共同で国産アプリケーション・ソフトウェア推進事業を行う戦略的協力協定に調印していた。

米IDC予測、中国の年間IT支出の成長率は10%

─ IT業界紙「通信信息報」、12/7

米IDCの統計を引用する形で伝えた報道によると、2009年度の中国のIT支出額は4940億人民元であり、08年末から13年末にかけてのIT支出の年間成長率は10.8%を超えると予測した。これは中国のGDP成長率を超える数値であり、中国市場におけるIT支出の巨大さを現している。

また、IDCは「エコ・コンピューター」こそ、中国の経済成長と新たなビジネスチャンスを生み出す触媒であると認識しており、同報道は「CO2などの温室効果ガスを(05年比で)2020年までに40%以上削減するとした中国政府の決定がエコ・コンピューターの発展に大きく貢献する」と指摘している。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連記事

【中国電脳事情】中国の年間IT支出の成長率は10%(vol.02)アバ自治州に国産ソフトウェア基地建設へ ─ 四川日報(電子版)、12/6 中国最大の国産ソフトウェア・アライアンスである「長風連盟」が、四川省アバ・チベット族チャン族自治州と共同で、同自治州内に国産アプリケーション・ソフトウェアのモデル基地を建設すると表明した。

PAGE TOP