アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

MJS、2010年4月施行「改正労働基準法」に対応した就業管理システム・給与システムを発売開始

2010年2月16日(火)

ミロク情報サービス(MJS)は2010年2月15日、2010年4月1日より施行される改正労働基準法に完全対応した就業管理システム・給与システムを2月下旬より順次発売すると発表した。今回の法改正では、企業規模や労使協定の締結等により、企業によって適用範囲や導入時期などが多様化することが予想される。同社は、企業ごとに異なるニーズに柔軟に応えるため、改正労働基準法に対応する新機能をオプションとして実装した就業管理システムおよび給与システムを発売する。必要なオプションの選択により、実務の現場ですぐに役立つソリューションを提供する。

MJSは、「MJS i就業管理/就業ワークフロー」と「Galileopt人事給与」または「MJSLINKⅡ給与大将」の連携によるワンストップソリューションを提案。特に、手集計では実務対応が困難と思われる「代替休暇」や「有給休暇の時間残管理」についてはこれらを連携して運用することにより、改正労働基準法に完全対応できる。

改正労働基準法オプションの種類と価格(税別)は以下のとおり。

  • MJS i 就業管理オプション(平成22年改正労働基準法対応):15万円~
  • MJS i 就業管理オプション(平成22年改正労働基準法代替休暇):10万円~
  • MJS i 就業管理オプション(時間有給休暇管理):20万円~
  • Galileopt 平成22年改正労働基準法対応:10万円~
  • MJSLINKⅡ 平成22年改正労働基準法対応:8万円~

上記オプションを利用するための基本システムの種類と価格(税別)は以下のとおり。

  • MJS i 就業管理/就業ワークフロー:114万円~(100ライセンス)
  • Galileopt 人事給与大将:243万円~(5ライセンス)
  • MJSLINKⅡ 給与大将:70万円~


ミロク情報サービス
http://www.mjs.co.jp/
 

関連記事

MJS、2010年4月施行「改正労働基準法」に対応した就業管理システム・給与システムを発売開始ミロク情報サービス(MJS)は2010年2月15日、2010年4月1日より施行される改正労働基準法に完全対応した就業管理システム・給与システムを2月下旬より順次発売すると発表した。今回の法改正では、企業規模や労使協定の締結等により、企業によって適用範囲や導入時期などが多様化することが予想される。同社は、企業ごとに異なるニーズに柔軟に応えるため、改正労働基準法に対応する新機能をオプションとして実装した就業管理システムおよび給与システムを発売する。必要なオプションの選択により、実務の現場ですぐに役立つソリューションを提供する。

PAGE TOP