開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

マイクロソフト、ソフトウェア+サービス型システムの導入を支援する「ITAP for S+S」を開始

2010年2月17日(水)

マイクロソフトは2010年2月16日、自社運用(オンプレミス)ソフトウェアとクラウドベースのサービスの長所を組み合わせる「ソフトウェア+サービス」の考え方に基づく、IT アーキテクチャ策定と計画立案コンサルティングサービス「ITAP for S+S (IT Architecture & Planning for Software Plus Services) 」を、2010年3月1日より提供開始すると発表した。

「ITAP for S+S」は、マイクロソフトが提供するクラウドコンピューティング向けプラットフォームであるMicrosoft Windows Azure Platformや、企業向けオンラインサービスMicrosoft Business Productivity Online Suite(BPOS)を含むクラウドサービス環境の構築、運用ノウハウや全世界の導入事例等を基に、日本市場向けにサービスメニュー化した、企業向けのクラウド導入計画策定支援コンサルティングサービス。同サービスにより、企業は、自社のビジネス特性とセキュリティ要件に沿ったIT環境をオンプレミスとクラウドの長所を組み合わせることで柔軟に構築することが可能となる。

「ITAP for S+S」では以下のサービスが提供される。

  • ワークショップ (S+S概要、分析手法概要、クラウドにおけるセキュリティなど)
  • 分析手法MSBA (Microsoft Services Business Architecture) による業務分析とプラットフォーム選択のためのアセスメント
  • セキュリティアセスメント:現状のセキュリティ実装 (Tech & Process) とクラウドへの適合分析
  • ベネフィットマネジメントを活用したビジネスケース作成
  • ソフトウェア+サービスに基づくITアーキテクチャ策定
  • 現行システムからの中期移行計画作成
  • 高優先度プロジェクト計画の作成

同サービスの価格は840万円より。2010年3月1日より提供が開始される。

同社は、同サービスの目標として、2011年6月末までにサービス部門において400名のS+Sサービス体制を整え、2012年末までに300プロジェクトの受注を目指す。


マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

 

関連記事

マイクロソフト、ソフトウェア+サービス型システムの導入を支援する「ITAP for S+S」を開始マイクロソフトは2010年2月16日、自社運用(オンプレミス)ソフトウェアとクラウドベースのサービスの長所を組み合わせる「ソフトウェア+サービス」の考え方に基づく、IT アーキテクチャ策定と計画立案コンサルティングサービス「ITAP for S+S (IT Architecture & Planning for Software Plus Services) 」を、2010年3月1日より提供開始すると発表した。

PAGE TOP