[新製品・サービス]

日本語環境への対応を強化した情報漏洩防止ソフト

2010年3月15日(月)

Symantec Data Loss Prevention 10/シマンテック シマンテックは2010年2月8日、情報漏えい対策ソフトの新版「Symantec Data Loss Prevention 10」を発売した。事前に設定したポリシーに基づき、該当文書の社外持ち出しなどを防止するソフト。企業の情報管理とコンプライアンス強化を支援する。

新版は主に2つの機能を強化した。1つは日本語環境への対応である。日本人に多い姓名や郵便番号などをリストとして登録し、文書中の個人情報などを的確に検知できる。日本版SOX法に関するポリシーをテンプレートから簡単に適用できる。あわせて、メニューやヘルプも日本語化し、国内ユーザーの利便性を高めた。

もう1つは顧客の既存環境と連携できる点。具体的には、独自アプリケーションのファイルを識別し、企業特有のCADデータなどもDLPで管理できる。ファイル構造を解析するため、拡張子は問わない。また、顧客が利用しているダッシュボードにDLPの監視状況を表示することも可能。これまでは専用画面でしか確認できなかった。

価格は、1000人規模のPCなどを監視する場合で1200万円から。 (折川)

関連記事

日本語環境への対応を強化した情報漏洩防止ソフトSymantec Data Loss Prevention 10/シマンテック シマンテックは2010年2月8日、情報漏えい対策ソフトの新版「Symantec Data Loss Prevention 10」を発売した。事前に設定したポリシーに基づき、該当文書の社外持ち出しなどを防止するソフト。企業の情報管理とコンプライアンス強化を支援する。

PAGE TOP