[新製品・サービス]

負荷に応じて動作周波数を動的に変更する新プロセサ

2010年3月19日(金)

Itanium 9300シリーズ/インテル インテルは2010年2月9日、サーバー向けプロセサ「Itanium 9300シリーズ」を発表した。動作周波数やコア数が異なる5製品を揃える。

従来モデル「9100シリーズ」に比べてコア数が2倍の4個となり、「ハイパースレッディング・テクノロジー」を用いることで最大8スレッドを並列処理する。また、「ターボ・ブースト・テクノロジー」を新たに搭載。負荷状況に応じて、動作周波数を1.73GHzから1.86GHzに動的に高められる(最下位モデル「9310」だけコア数は2個、ターボ・ブースト・テクノロジーは非対応)。すでに提供開始しているXeon5500シリーズに実装済みの高速インタフェース「QuickPath interconnect」も採用するなどして、従来比2倍以上の処理能力を発揮するという。

仮想環境における性能向上にも工夫を加えた。「インテル・バーチャライゼーション・テクノロジー」を強化、仮想マシンごとにI/Oデバイスを割り振ることで処理性能を高める機構を取り入れた。

価格は、最上位モデル「9350」が35万4380円(コア数:4、動作周波数:1.73GHz)など。 (折川)

関連記事

負荷に応じて動作周波数を動的に変更する新プロセサItanium 9300シリーズ/インテル インテルは2010年2月9日、サーバー向けプロセサ「Itanium 9300シリーズ」を発表した。動作周波数やコア数が異なる5製品を揃える。

PAGE TOP