システム構築/プロジェクトマネジメント システム構築/プロジェクトマネジメント記事一覧へ

[最前線]

実プロジェクトから学ぶオフショア開発のリスクと解決策のフレームワーク

2010年3月4日(木)

オフショア開発(グローバル・デリバリー:GD)には文化や商慣習の違いからくる各種の摩擦やコミュニケーション不備などが原因で、何らかの問題が生じるリスクがある。 GDが抱えるリスクを可能な限り軽減して、各種プロジェクトで成果を上げるには潜在的なリスクを確実に見つけ出し、管理・対応することが欠かせない。 本稿ではそのための手法として、オフショア開発経験に基づいて考察したフレームワークの一例を紹介する。

※本記事は日本IBM発行の「PROVISION No.63/Fall 2009」の論文紹介記事に一部加筆・編集して掲載しています。 筆者の経験に基づく個人の意見であり、IBMを代表する見解ではありません。

日本国内のITエンジニア不足が深刻な問題となる中、海外へITシステムの開発を委託するオフショア開発は当たり前の形態となっている。しかし、残念ながらビジネスとしての実態を見る限り、オフショア開発のすべてが成功しているわけではない。理由は文化や商慣習の違いからくる各種の摩擦、言語面でのコミュニケーション不備、そこから生じるさまざまなトラブルなど実に多種多様である[1]。

IBMもグローバル・デリバリー(海外IBM要員との協業:GD)という形で積極的にオフショア開発を推進している。だが、GDに関しても問題は多種多様であり、いまだに個々のプロジェクトだけでは解決できない問題が数多く発生しているのが実情である。

プロジェクトの集合体であるプログラムの中で、中長期的にGDの問題を解消するにはどのようなアプローチを採ったらよいのだろうか。GD化が進んでいない組織においては、問題自体を認識できていない場合もあれば、認識していても発注先の問題と捉えてしまい、発注元に関しては放置している場合もある。そこで本稿では、GDに関する問題そのものを潜在リスクの1つと位置づけ、図1に示すような従来のリスク・マネジメント手法の流れに沿って、「識別(P1)」「定量化(P2)」「対応(P3)」「管理(P4)」の観点でリスクを解消する方法を提案する。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

実プロジェクトから学ぶオフショア開発のリスクと解決策のフレームワークオフショア開発(グローバル・デリバリー:GD)には文化や商慣習の違いからくる各種の摩擦やコミュニケーション不備などが原因で、何らかの問題が生じるリスクがある。 GDが抱えるリスクを可能な限り軽減して、各種プロジェクトで成果を上げるには潜在的なリスクを確実に見つけ出し、管理・対応することが欠かせない。 本稿ではそのための手法として、オフショア開発経験に基づいて考察したフレームワークの一例を紹介する。

PAGE TOP