[インタビュー]

「仮想化/クラウド向けのセキュリティが立ち上がった」---米RSA SecurityマーケティングCTO

2010年3月4日(木)

 米RSA Securityは2010年3月1日、今年で19回目となるセキュリティ総合イベント「RSA Conference 2010」を米国San Franciscoで開催した。トラック・セッションに「Data Security」が新設されたほか、カンファレンス全体を通じて仮想化/クラウドのセキュリティが話題の中心となった。インプレスビジネスメディアは3月3日、同社のマーケティングCTOであるSam Curry氏に、セキュリティ分野の最新トレンドを聞いた。

米RSA SecurityでマーケティングCTOを務めるSam Curry氏 写真 米RSA SecurityでマーケティングCTOを務めるSam Curry氏
---今年から新たに「Data Security」トラックを設けた背景は。

 セキュリティには、アクセス権限や情報の保護など、いくつもの側面がある。こうした中、データの中にこそビジネスの価値があるというデータ・セントリック(データ中心主義)が市場の動向となっている。データそのものをどうするかが重要であり、データの周辺/境界は、あまり重要ではない。Data Securityトラックが生まれた背景としては、この動向の存在が大きい。

---Data Security関連のホットな製品/サービスにはどのようなものがあるか。

 特にこれというものはないが、製品の分野で言うと、データの分類機能やデータの利用ポリシーに絡むところがホットだ。ストレートには、まずはDLP(データ漏えい防止)製品が挙げられる。

 データ中心主義という意味では、米RSA Security製品を例に挙げると、暗号化のBSAFEや鍵管理のKey ManagerもData Securityのカテゴリに含めることができる。さらに、先日発表したトークン化の技術もData Securityにとって重要だ。これは、サーバーが保存するクレジット・カード番号を乱数トークンに置き換えて保存するものだ。

---カンファレンス全体を通じて仮想化/クラウドの話題が席巻している。セキュリティの主たる対象/テーマは仮想化/クラウドなのか。

 その通りだ。まだ実現手法の話題よりもトピックが先行している状態ではあるが。今はちょうど、朝から晩まで一日中ミーティングをやる場合の、朝の一番元気が良い時にあたる。トピックとしてはホットで、みんなが話題にしている状態だ。ただ、実装段階に入っているかというと、まだ始まったばかりだ。ただし、ITは確実に仮想化/クラウドへと流れている。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「仮想化/クラウド向けのセキュリティが立ち上がった」---米RSA SecurityマーケティングCTO 米RSA Securityは2010年3月1日、今年で19回目となるセキュリティ総合イベント「RSA Conference 2010」を米国San Franciscoで開催した。トラック・セッションに「Data Security」が新設されたほか、カンファレンス全体を通じて仮想化/クラウドのセキュリティが話題の中心となった。インプレスビジネスメディアは3月3日、同社のマーケティングCTOであるSam Curry氏に、セキュリティ分野の最新トレンドを聞いた。

PAGE TOP