[新製品・サービス]

日本オプロ、「Salesforce CRM」向け帳票ソリューション、「Force.com」向け帳票作成エンジンを発売

2010年3月8日(月)

日本オプロは2010年3月8日、セールスフォース・ドットコムが提供する「Salesforce CRM」「Force.com」のユーザー向け帳票ソリューションである、見積書・請求書作成アプリケーション「OPROARTS Apps Easy Merge PDF」および帳票作成エンジン「OPROARTS Apps Report Engine」を同日より発売することを発表した。

「OPROARTS Apps Easy Merge PDF」および「OPROARTS Apps Report Engine」は、セールスフォース・ドットコムが提供する「Visualforce」「Apex」言語で作成されており、 Salesforce CRM、Force.com上で動作する100%ネイティブアプリケーション。同社は、同製品を日本はじめ欧米地区で販売し、年間200社の導入を見込む。


「OPROARTS Apps Easy Merge PDF」(Salesforce CRMユーザ向け)の主な特長は以下のとおり。

  • 標準で12種類もの帳票レイアウトが使え、すぐに利用できる。
  • 日本の商習慣に合わせた値引き機能を実装。
  • 月額固定料金で利用可能。
  • カスタム項目も出力可能でユーザー独自の項目も出力できる。

「OPROARTS Apps Report Engine」(Force.comユーザ向け)の主な特長は以下のとおり。

  • Force.comアプリケーションから本格的な帳票生成ができる。
  • バンドベースの階層構造をForce.com上に実装。
  • 各種関数や条件付きフォーマットが用意され、複雑なプログラミングは不要。
  • ダウンロード、メモ&添付、複数の宛先への電子メール送信をサポート。

「OPROARTS Apps Easy Merge PDF」「OPROARTS Apps Report Engine」の価格はいずれも、1ユーザーあたり月額500円、年間契約は6,000円。また、ユーザー数に応じて、ディスカウントがある。


日本オプロ
http://www.opro.net/oproarts/
 

関連記事

日本オプロ、「Salesforce CRM」向け帳票ソリューション、「Force.com」向け帳票作成エンジンを発売日本オプロは2010年3月8日、セールスフォース・ドットコムが提供する「Salesforce CRM」「Force.com」のユーザー向け帳票ソリューションである、見積書・請求書作成アプリケーション「OPROARTS Apps Easy Merge PDF」および帳票作成エンジン「OPROARTS Apps Report Engine」を同日より発売することを発表した。

PAGE TOP