[新製品・サービス]

HDE、中堅・中小企業向けWeb&Mailセキュリティアプライアンスサーバーを発表

2010年3月11日(木)

HDEは2010年3月10日、WebとMailのセキュリティ対策をゲートウェイで実現するアプライアンスサーバー「tapirus(タピルス)Mv1000/2000」を2010年3月31日より販売開始することを発表した。

「tapirus」は、HDEとエフセキュアの緊密なアライアンスにより、高性能でありながら低価格を実現したWebとMailのセキュリティ対策を一括で行うセキュリティアプライアンスサーバー。ハードウェアの購入や、アプリケーションやOSのインストールが不要なため、低コストで導入することが可能で、サポート更新費用も他社製品に比べて割安な価格が設定されている。

「tapirus Mvシリーズ」の主な機能は以下のとおり。

  • ウイルス/マルウェア対策機能
    アンチウイルスエンジンには、フリーのエンジンではなく、エフセキュアのアンチウイルスエンジンを搭載。プロトコルはsmtp、http、pop、ftpのチェックに対応。
  • 迷惑メール対策機能
    同社が日本で開発してきた迷惑メール対策ソフトウェア「HDE Anti-Spam」と同等のエンジンを搭載し、日本語迷惑メールに対する高い検知性能を誇る。また、メール受信時に接続元の正当性を判断するフィルタリング技術と、コンテンツの内容を検証しフィルタリングする技術を組み合わせることで、迷惑メールの処理パフォーマンスと精度維持の両面を実現する。

「tapirus Mv1000」は、CPUにIntel Atom330(1.60GHz)を採用。メモリ2GB、HDD160GBなどを搭載し価格は79万8,000円(税込)。次年度サポート更新費用として29万4,000円(税込)が必要。

「tapirus Mv2000」は、CPUにXeon X3440(2.53GHz)を採用。メモリ4GB、HDD160GB(RAID1)などを搭載し、価格は129万8,000円(税込)。次年度サポート更新費用として47万2,500円(税込)が必要。


HDE
http://www.hde.co.jp/
 

関連記事

HDE、中堅・中小企業向けWeb&Mailセキュリティアプライアンスサーバーを発表HDEは2010年3月10日、WebとMailのセキュリティ対策をゲートウェイで実現するアプライアンスサーバー「tapirus(タピルス)Mv1000/2000」を2010年3月31日より販売開始することを発表した。

PAGE TOP