[新製品・サービス]

ブロードバンドタワー、重複排除アプライアンス・サーバ「Ocarina」の販売を開始

2010年3月11日(木)

ブロードバンドタワーは2010年3月10日、米Ocarina Networksと販売代理店契約を締結し、Ocarina Networksの重複排除アプライアンスサーバ「Ocarina(オカリナ)」の販売を開始すると発表した。

Ocarina Networksは重複排除業界で、唯一の「コンテンツ・アウェア形式」での重複排除技術を提供する企業。同技術を利用したOcarina Networksの製品は、あらかじめファイルの中身を分析し、重複部分を圧縮・排除するため、従来の重複排除製品に比べ、圧縮率が非常に高く、最大80%のデータ削減が可能。


同製品の特長は以下のとおり。

  • NASなどのオンライン・ストレージのファイル容量を、最大10分の1まで圧縮可能
  • 各ファイルの情報を分析・解析し、また独自のアルゴリズムによりファイル間、または同一ファイル内で最適化を行うことにより、従来のブロックレベルの重複排除より優れた圧縮効率を実現
  • 圧縮を行うOptimizerと復元を行うReaderの構成をとることで、性能に影響を与えることの少ない圧縮・伸張を実現
  • 静止画・動画・MSOffice・PDFなど各種ファイルフォーマットに対応
  • ・既存のシステムに簡単に追加可能
     

同社は、同製品の販売を2010年4月から開始する予定。


ブロードバンドタワー
http://www.bbtower.co.jp/

 

関連記事

ブロードバンドタワー、重複排除アプライアンス・サーバ「Ocarina」の販売を開始ブロードバンドタワーは2010年3月10日、米Ocarina Networksと販売代理店契約を締結し、Ocarina Networksの重複排除アプライアンスサーバ「Ocarina(オカリナ)」の販売を開始すると発表した。

PAGE TOP