[新製品・サービス]

日本HPが運用管理ソフト4製品の新版、仮想化ソフト対応を強化

2010年3月24日(水)

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2010年3月24日、仮想化環境への対応を強化した運用管理ソフトの新版4製品を発表した。VMware vSphere 4やHyper-V 2.0など最新の仮想化ソフトを適用したIT環境を管理できる。仮想化によって複雑化したIT環境の運用管理コストを削減するのが狙い。4製品とも、2010年4月1日に販売開始する。

 販売を開始する4製品の種類は、以下の通り。(1)仮想サーバー環境の監視ソフト(既存製品のアドオンとなる新製品)。(2)IT環境全体の運用管理ワーク・フローを自動化するソフト(新版)。(3)ネットワーク機器設定の一元管理/自動反映ソフト(新版)。(4)データ・バックアップ・ソフト(新版)。

サーバー仮想化ソフトのイベントを監視

 (1)「Smart Plug-Ins for Virtualization Infrastructure」は、仮想サーバー環境の監視ソフトである。仮想環境で生じるイベントを監視し、仮想環境に特有の性能ボトルネックを検知する。監視対象となるサーバー仮想化プラットフォーム(物理サーバー機)に導入して利用する。

 同ソフトは、既存のシステム監視ソフト「HP Operations Manager software」(旧称はOpenView Operations、価格は300万円程度から)の機能を強化するプラグイン・ソフトという位置付けの新製品である。監視対象機には、同プラグインのほかにHP Operations Manager softwareのエージェント・ソフト(1台あたり9万円前後)を導入する必要がある。同プラグインの価格は、インストール先となる管理対象(サーバー仮想化ソフトを動作させる物理サーバー)1台あたり、税込み9万6600円から。

管理可能なサーバー仮想化ソフトを拡充

 (2)「HP Operations Orchestration software 7.60」(旧Opsware製品群の1つ)は、IT環境全体の運用管理ワーク・フローを自動化するソフトである。システム監視ソフトやITILサービス・デスクなど各種の運用管理ソフトと連携して動作し、障害の検知から、チケット発行、原因の特定、対処/復旧までのワーク・フローを自動化する。

 今回の新版では、管理可能/連携可能なサーバー仮想化ソフトを拡充した。従来版ではVMware Infrastructure 3(ESX 3.x)に限って管理できていたが、新版では、新版のVMware vSphere 4と米MicrosoftのHyper-V環境を管理できるようにした。同製品の価格は、管理対象デバイス150台までで税込み2688万円から。なお、ネットワーク機器は2台で1台としてカウントする。

 (3)「HP Network Automation software 7.60」(旧Opsware製品群の1つ)は、ネットワーク機器設定の一元管理/自動反映ソフトである。ネットワーク機器の設定(コンフィグ)や管理パスワードを一元管理し、必要に応じて機器に反映する。変更の追跡管理も可能。IPフィルタリングのためのACL(アクセス・リスト)を自動生成することもできる。利用可能なネットワーク機器は、米Cisco Systems(IOS)など60社2600種類以上。

 今回の新版では、VMwareのvSwitchやCisco Nexus 1000Vなど、仮想アプライアンス型のスイッチ機器を管理できるようにした。同製品の価格は、管理対象デバイス300台までで税込み174万7200円から。

 (4)「HP Data Protector software version 6.11」(旧称はHP OpenView OmniBack II)は、データ・バックアップ・ソフトである。バックアップ対象サーバー、メディア・サーバー、管理サーバーなどで構成するネットワーク環境で利用できる。

 今回の新版では、VMware vSphere 4/ESX環境のバックアップに加えて、各種の仮想化ソフト対応を施した。具体的には、Hyper-V環境において、VSS(Volume Shadow Copy Service)によるスナップ・ショット・バックアップを可能にした。米Citrix SystemsのXen環境においても、プロキシ・サーバーを介してオンライン・バックアップが可能。同製品の価格は、税込み18万4800円から。バックアップ・エージェントの台数に依存しないライセンス制度を採用している。

関連記事

日本HPが運用管理ソフト4製品の新版、仮想化ソフト対応を強化 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2010年3月24日、仮想化環境への対応を強化した運用管理ソフトの新版4製品を発表した。VMware vSphere 4やHyper-V 2.0など最新の仮想化ソフトを適用したIT環境を管理できる。仮想化によって複雑化したIT環境の運用管理コストを削減するのが狙い。4製品とも、2010年4月1日に販売開始する。

PAGE TOP