[ユーザー事例]

会計/販売から始めたNECの挑戦 Part03

2010年4月13日(火)

NECが挑む“プライベートSaaS” 50社一丸でプロセスやコードを刷新 NECは2010年4月、クラウド基盤上に構築した経理システムを国内外の関連約50社で正式稼働させる。 さらに2011年4月には販売・資材システムをクラウドに移行させる計画だ。 基幹業務システムのグループ内SaaS化によって、「持たざるIT」を体現するNECの取り組みを追う。

NECは、財務会計・管理会計を含むグループ内の経理システムを自社のクラウド基盤上で構築。2010年1月、本社と関連21社において旧システムとの並行利用を開始した。4月からは、国内外のグループ約50社にサービスとして提供する計画だ。いわば、基幹業務システムのグループ内SaaS化である。

「グループ全体の経理や販売システムを、SAP ERPを用いて刷新。グループ内で共同利用していく」。NECがそう発表したのは、2009年4月のことである。グループ内とは言え、大規模システムをSaaS型に移行させるというニュースは大きな注目を集めた。「いくらSI大手とはいえ、容易なプロジェクトではないはず」と、その行方を危ぶむ声もあった。

実際、プロジェクトはここに至るまでに様々な課題に突き当たった。その道のりは、「ガバナンス強化やITコスト削減を目指し、基幹業務システムという聖域にメスを入れることも辞さない」という先進企業にとって、大いに参考になるはずだ。

プロセスとコードを共通化
SAPにハブ機能を追加

NECにとって、今回の統合プロジェクトにおいては大きく3つのチャレンジがあった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

会計/販売から始めたNECの挑戦 Part03NECが挑む“プライベートSaaS” 50社一丸でプロセスやコードを刷新 NECは2010年4月、クラウド基盤上に構築した経理システムを国内外の関連約50社で正式稼働させる。 さらに2011年4月には販売・資材システムをクラウドに移行させる計画だ。 基幹業務システムのグループ内SaaS化によって、「持たざるIT」を体現するNECの取り組みを追う。

PAGE TOP