[技術解説]

主要な基幹業務向けSaaS一覧 Part04

2010年4月20日(火)

基幹業務向けの主要なSaaS一覧 財務会計、人事給与などに選択肢広がる 基幹業務向けSaaSが増えている。「持たざるIT」を標榜するユーザーにとって、現在どんなサービスが利用できるかという点を第一義に、一覧でまとめた。ただしすべてがマルチテナント/シングルインスタンス型ではない。技術的な追求はせず、シングルテナント型も含めSaaSを謳うサービスを広く取り上げている。

ERP、財務/会計、給与/人事、生産管理、販売管理、購買/在庫/調達の6つのカテゴリー別に、国内で提供されているSaaSを以下の表にまとめた。取り上げたサービスは56種類。同じカテゴリーでも、初期費用やAPI公開、サービスレベル契約の有無などによって差がある。ベンダーにとって、導入実績数はアピールポイントとなるはずだが、多くが非公開と回答している。

ERP

国内大手ベンダーとして名乗りをあげているのはNEC。同社とNECネクサソリューションズは2010年2月、「EXPLANNER for SaaS」を中心としたメニュー拡充を発表した。給与計算や物流、情報系業務も含め、2010年度上期までに15種から50種に増やす予定だ。

富士通は「大規模向けGLOVIAおよび中堅/中小向けのGLOVIA smartのSaaS化を検討している」( GLOVIA smart ビジネス統括部 プロジェクト部長 梶山亮氏)。2009年12月にホテル業界向けGLOVIA smartを投入しており、まずは業界特化型SaaSを足掛かりに地場を固める考えだ。

SaaS型ERPの草分けであるネットスイートはここ数カ月で、中小企業や大企業の拠点を中心にユーザー数が急増しているという。「まずは一部の機能を導入して、徐々に適用範囲を広げていく使い方が多い」(マーケティング本部の内野彰プロダクトマーケティング部長)。GCT研究所の「Just-iS」やニッセイコムの「GrowOne Cube」もスモールスタートを考慮したSaaSだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

主要な基幹業務向けSaaS一覧 Part04基幹業務向けの主要なSaaS一覧 財務会計、人事給与などに選択肢広がる 基幹業務向けSaaSが増えている。「持たざるIT」を標榜するユーザーにとって、現在どんなサービスが利用できるかという点を第一義に、一覧でまとめた。ただしすべてがマルチテナント/シングルインスタンス型ではない。技術的な追求はせず、シングルテナント型も含めSaaSを謳うサービスを広く取り上げている。

PAGE TOP