[新製品・サービス]

Xeon 5500の後継で性能が60%向上した最新プロセサ

2010年4月8日(木)

Intel Xeon 5600シリーズ(開発コード名:Westmere-EP)/インテル インテルは2010年3月17日、プロセサ「Intel Xeon 5600シリーズ」を発表した。昨年4月に発表した「Xeon 5500」の後継モデルで、新たにコア数を6個にしたほか、セキュリティを強化する技術を取り入れた(表)。

表 Xeon 5500シリーズと5600シリーズの主な変更点
  コア数(最大) 3次キャッシュ
(最大)
製造プロセス インテルTXT インテルAES-NI TDP(熱設計電力)
Xeon 5600シリーズ 6 12MB 32nm 130W(サーバー、ワークステーション)
Xeon 5500シリーズ 4 8MB 45nm 95W(サーバー)、130W(ワークステーション)

Xeon 5500に比べて仮想化環境下のオーバーヘッドを削減できるようにした。性能向上の理由をマーケティング本部の徳永貴士氏は、「ハイパーバイザーやOS提供ベンダーと連携し、プラットフォーム全体を強化したことによる」と説明する。「Xeon 5100と比較すると最大8倍の性能向上が可能。旧プロセサを使用するユーザーは、5600へ移行することで仮想環境下のパフォーマンスを大幅に向上できる」(同氏)。

セキュリティ面の機能強化も図った。具体的には、不正プログラムを検知する「インテルTXT」と、データを暗号化する「インテルAES-NI」と呼ぶ2つの技術を搭載した。暗号化処理によるオーバーヘッドにも配慮し、「Xeon 5500よりも大量のSSLトランザクションを高速に処理できる」(同氏)。

なお、プラットフォームはXeon 5500を踏襲するため、既存のXeon 5500環境にてプロセサを交換するだけでサーバーの処理能力を向上することができる(BIOSの変更は必要)。

価格は、動作周波数が3.33GHzとなる最上位モデル「Xeon X5680」が15万1080円。 (折川)

関連記事

Xeon 5500の後継で性能が60%向上した最新プロセサIntel Xeon 5600シリーズ(開発コード名:Westmere-EP)/インテル インテルは2010年3月17日、プロセサ「Intel Xeon 5600シリーズ」を発表した。昨年4月に発表した「Xeon 5500」の後継モデルで、新たにコア数を6個にしたほか、セキュリティを強化する技術を取り入れた(表)。

PAGE TOP