[最前線]

会計の基礎理論と情報構造から見たSAP ERPとOracle EBS

2010年4月1日(木)

ERPのアーキテクチャを比較する 会計システムに用いるソリューションは、メーカーによって開発思想が異なる。 当然だが、開発思想の違いはデータ構造やアプリケーション構成に大きな影響を与える。 そのためソリューションの選定に当たり、開発思想を深く理解することは重要な意味を持つ。 本稿では、会計ソリューションとして多くの企業が採用している独SAPと米オラクルのERPパッケージを 帳簿会計や伝票会計といった会計の基礎理論や情報構造など複数の観点から考察する。 ※本稿は日本ユニシス発行の「技報 通巻101号」(2009年8月発行)の記事に加筆・編集して掲載しています。

従来の会計業務は伝票を起こして財務諸表を作成する、というシンプルな構造であり、システム化しやすい分野だった。しかし1990年代後半に入ってからは急激な環境変化、企業個別の管理会計、会計基準の国際化など、多くのニーズへの対応が求められており、会計システムの構造は年々複雑化している。利用するソリューションも独SAPのSAP ERPや米オラクルのE-Business Suite(Oracle EBS)など、大規模かつ広範囲なものとなっている。

ERPパッケージはそのアーキテクチャ、すなわちデータ構造やアプリケーション構成を変えて導入することは推奨されない。このため、表面に現れる機能や利用方法に着目して導入可否の検討を行い、通常はアーキテクチャ面からの分析はなされない。

しかし、ユーザ企業の導入目的、業務方針、文化、システム環境の違いから、選択したソリューションのベースとなる考え方が馴染まないケースも散見される。よって、当該ソリューションのアーキテクチャとそのベースとなる考え方を充分に理解しなければ、データ連携や情報活用、システムの全体最適はもとより、業務の全体最適も実現できない。

本稿では、会計理論の違いがソリューションのアーキテクチャに与える影響やアーキテクチャ検討の重要性を説くと共に、情報システム構築時に検討すべきポイントの具体例を提示する。そのためにまず、伝票会計・帳簿会計の理論、本支店会計、管理会計をその構造面から考察する。続いて、これら会計理論の背景にある考え方の違いがデータ構造やアプリケーション構成に及ぼす影響をSAP ERPとOracle EBSの比較分析を通じて明らかにする。そして最後に、期間損益計算と取引別損益計算の理論を構造面から考察し、データ構造やアプリケーション構成への影響を示す。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
バックナンバー
最前線一覧へ
関連記事

会計の基礎理論と情報構造から見たSAP ERPとOracle EBSERPのアーキテクチャを比較する 会計システムに用いるソリューションは、メーカーによって開発思想が異なる。 当然だが、開発思想の違いはデータ構造やアプリケーション構成に大きな影響を与える。 そのためソリューションの選定に当たり、開発思想を深く理解することは重要な意味を持つ。 本稿では、会計ソリューションとして多くの企業が採用している独SAPと米オラクルのERPパッケージを 帳簿会計や伝票会計といった会計の基礎理論や情報構造など複数の観点から考察する。 ※本稿は日本ユニシス発行の「技報 通巻101号」(2009年8月発行)の記事に加筆・編集して掲載しています。

PAGE TOP