[中国電脳事情]

【中国電脳事情】09年度中国ソフト産業収入、前年度比25.6%の増加(vol.04)

2010年4月8日(木)

インフォバードがクラウド発展戦略を発表 ─ 騰訊科技、2/2 北京の大手クラウドサービスプロバイダー「インフォバード(訊鳥軟件)」総裁の呉益民氏は、2010年度の売り上げ5倍増を目標とした最新のクラウド発展戦略を発表した。同氏は、「開発元から販売元、代理店、末端ユーザー(川上から川下)までの全てがクラウドのユーザーであり、1つの生態圏を構成している。持続的なサービスを提供しなければならないクラウドの運営方式は、まさにビジネスモデルの変革である」との認識を示した。 インフォバードは2008年上旬に、クラウドを利用した中小企業向け顧客管理システム「啓通宝」の提供を開始。2009年度の業績増加率は約700%(顧客企業数が約1000、ユーザー数は1万以上)という成長を遂げ、2010年度には5000社を突破すると予測している。また、同社は2010年1月、江蘇省鎮江市丁崗鎮に中国初のクラウドを利用した行政サービスプラットフォームを構築すると発表した。

09年度中国ソフト産業収入、前年度比25.6%の増加

─ 新華社(電子版)、2/3

中国でIT関連を管轄する中央省庁「工業・情報化省」が2月3日に公表した統計によると、2009年度の中国ソフトウェア産業における業務収入は9513億元(前年度比25.6%増)となり、増加率は前年度よりも4.2%下落した。その内、ソフト製品による収入は3288億元(同26.3%増)で、増加率は産業全体より0.7%高い。ソフト技術サービスによる収入は2126.3億元(同31.4%増)で、増加率は産業全体より5.8%高く、産業全体による収入の22.4%であった。

注目すべきは、2009年度のSI収入は2202.9億元(同23.7%増)で、増加率が前年度より26.7%も下落したことである。組み込みソフトの収入は1673.6億元(同22.1%増)で、増加率は産業全体より3.5%低い。集積回路設計業の収入は222.2億元(同10.1%増)で、増加率は産業全体より15.5%低かった。この他にもソフトの輸出やアウトソーシング業務の増加率も明らかに落ち込んでいる。

中国、電子書籍「革命」が勃発 2015年までに世界最大市場へ

─ 深セン商報2/3、北京商報2/10、経済参考報2/24他

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
中国電脳事情一覧へ
関連記事

【中国電脳事情】09年度中国ソフト産業収入、前年度比25.6%の増加(vol.04)インフォバードがクラウド発展戦略を発表 ─ 騰訊科技、2/2 北京の大手クラウドサービスプロバイダー「インフォバード(訊鳥軟件)」総裁の呉益民氏は、2010年度の売り上げ5倍増を目標とした最新のクラウド発展戦略を発表した。同氏は、「開発元から販売元、代理店、末端ユーザー(川上から川下)までの全てがクラウドのユーザーであり、1つの生態圏を構成している。持続的なサービスを提供しなければならないクラウドの運営方式は、まさにビジネスモデルの変革である」との認識を示した。 インフォバードは2008年上旬に、クラウドを利用した中小企業向け顧客管理システム「啓通宝」の提供を開始。2009年度の業績増加率は約700%(顧客企業数が約1000、ユーザー数は1万以上)という成長を遂げ、2010年度には5000社を突破すると予測している。また、同社は2010年1月、江蘇省鎮江市丁崗鎮に中国初のクラウドを利用した行政サービスプラットフォームを構築すると発表した。

PAGE TOP