[編集部の生産性倍増奮闘記]

「“あおば”が輝く日々」の巻:第12回

2010年4月14日(水)

 東京には桜吹雪が舞い、風のいたずらで寄せ集まった花びらが、あちこちに薄紅色のカーペットを敷き詰めています。新緑の季節。力強さを取り戻した陽の光を浴びて、街路樹の葉が生き生きと輝き始めました--。と、青葉の話題に振った所で、今回は強引に「青歯=Bluetooth」のお話です。

 ICレコーダーで録音した音声ファイルをPCで聞き返す。Webにアップされている新製品の説明動画を視聴する。そして時には、気分転換を兼ねてネットで買った音楽を聴く…。どれも日常の行為ですが、オフィスではPCにパワードスピーカーをつないで音を出すわけにもいかず、ヘッドホンやイヤホンのお世話になっています。以前は長いカールコードのついた大型ヘッドホン(ちなみにソニーのMDR-Z700DJ)を使っていましたが、何やら仰々しいのと、ケーブルにつなぎ止められているような感覚が嫌で、ここ3年ぐらいはワイヤレスのBluetoothイヤホンを使っています。

 会社でメインに使っているPCは、自作のデスクトップ機。当初はBluetooth通信機能を備えていなかったので、USB接続の小型アダプタを買ってきて装着しました。最近のBTアダプタは小型化が進み、ものによっては親指の爪ほどのサイズしかありません。それでもPCのUSB端子に差し込むと青白いLEDの光を点滅させて、しっかりとお役目を果たしてくれます。ここでは割愛しますが、Bluetooth機器との接続はさして難しくはありません。技術的な仕組みを理解しなくとも、マニュアルに沿って手順を踏めば、拍子抜けするほどすんなりとPCとBT機器との接続が確立します。

写真1 ネックストラップタイプのSONY DR-BT20NX(左)とSENNHEISER MM200(右)。軽量で、常に身に付けていても苦にならない

 ある製品を手に入れて使っていると、やがて別の製品にも目移りするのが私の悪い癖。「本当に必要なの?」と本質を突く自分と、「これを買えば、あんなこともこんなことも…」と囁きかけるもう1人の自分が戦い始め、おおむね後者が4勝1敗くらいの確率で勝ち残るのが毎度のパターン。そんなわけで、身の回りを探すと、いくつかのBluetoothイヤホン/ヘッドホンが出てきました。

写真2 両耳にかけるタイプのMotorola HT820(左)と、サングラス一体型のOAKLEY O ROKR Pro(右)

■SONY DR-BT20NX(生産終了)
最初に手にしたBTイヤホン。使い勝手は良かったのに、飲んで帰ったある夜、酔い覚ましに顔を洗っていて水没させてしまった。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
編集部の生産性倍増奮闘記一覧へ
関連記事

「“あおば”が輝く日々」の巻:第12回 東京には桜吹雪が舞い、風のいたずらで寄せ集まった花びらが、あちこちに薄紅色のカーペットを敷き詰めています。新緑の季節。力強さを取り戻した陽の光を浴びて、街路樹の葉が生き生きと輝き始めました--。と、青葉の話題に振った所で、今回は強引に「青歯=Bluetooth」のお話です。

PAGE TOP