[河原潤のITストリーム]

Itaniumの今後はいかに?:第14回

2010年4月14日(水)河原 潤(IT Leaders編集委員/データセンター完全ガイド編集長)

 マイクロソフトが先ごろ、同社のサーバーソフトウェア製品において、インテルのItaniumプロセサのサポートを終了する方針であることを表明し、話題になっています。これは、米国マイクロソフトのWindows Server部門公式ブログの4月2日(米国時間)付けのエントリーで明らかになったものです。

 エントリーを記した同社シニア・テクニカル・プロダクト・マネジャーのダン・レーガー氏によれば、Windows Server 2008 R2とSQL Server 2008 R2、そして4月13日にリリースされたばかりのVisual Studio 2010が、Itaniumをサポートする最終バージョンになるようです。

 IA64アーキテクチャのItaniumが、2001年の発表当初にインテルが描いたエンタープライズサーバー市場での普及カーブをたどれなかったのはご存じのとおりです。これまでにIBMやデル、ユニシスといった大手サーバーベンダーがItanium市場から撤退し、ついに富士通も、3月31日に発表されたハイエンドサーバーの新シリーズ「PRIMEQUEST 1000」において、搭載CPUをXeonプロセサに切り替えました。このほかでは、レッドハットが2009年末に、現行のRed Hat Enterprise Linux 5を最後にItaniumのサポートを終了することを表明しています。

 こうして、Itaniumに対応したハードウェア/OSが次々と減っていったこの5、6年間で、x86アーキテクチャのXeonの処理性能と信頼性は大きく向上することとなりました。PRIMEQUEST 1000に搭載される最新のXeon 7500番台(開発コード名:Nehalem-EX)では、処理性能でItaniumを上回り、信頼性でもItaniumと同等レベルというのがセールスポイントになっています。

 このセールスポイントで、より重要な意味を持つのは信頼性のほうです。Xeon 7500番台では、これまでItaniumにしか搭載されていなかった「Machine Check Architecture Recovery」機能が備わったのをはじめとして、RAS(信頼性・可用性・保守性)機能が大幅に強化されています。Itaniumの存在理由とも言える高信頼性において(あくまでスペック上ではありますが)、とうとうXeonがそのレベルに到達してきたわけで、ベンダーとユーザーの双方にとって、Itaniumを選ぶメリットがまたさらに少なくなったと言えます。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
河原潤のITストリーム一覧へ
関連キーワード

Intel / Itanium / Xeon / CPU

関連記事

Itaniumの今後はいかに?:第14回 マイクロソフトが先ごろ、同社のサーバーソフトウェア製品において、インテルのItaniumプロセサのサポートを終了する方針であることを表明し、話題になっています。これは、米国マイクロソフトのWindows Server部門公式ブログの4月2日(米国時間)付けのエントリーで明らかになったものです。

PAGE TOP