[新製品・サービス]

ナビッピドットコム、中国で法人向け「位置情報サービス DP2 for China」を提供開始

2010年4月22日(木)

ナビッピドットコムは2010年4月21日、中国における100%子会社であるナビッピドットコム上海を通じて、中国の大手通信キャリアである「中国電信(チャイナテレコム)」対応の携帯電話を使い、中国における初の携帯電話利用の法人向け位置情報サービス「位置情報サービス DP2 for China」を2010年6月1日より提供すると発表した。

「位置情報サービス DP2 for China」は、GPS機能搭載の携帯電話を活用して、現場メンバーの位置情報やステータスを確認できる機能を搭載したマルチキャリア対応の法人向け位置情報サービス。現在、3G対応の携帯電話普及が伸びている中国における物流や家電、OA機器、建築設備等の保守・メンテナンス支援サービスとして、日系企業のみならず、中国企業からも大きな期待が寄せられているという。

さらに、日本と中国をつなぐ物流においては、ナビッピドットコムの国内サービス「位置情報ASPサービスDP2」と連携することで、2国間の物流状況を、日中それぞれのGPS機能付携帯電話を用いて把握できるグローバル・ロジスティック体制が実現する。

同社は今後、中国移動(チャイナモバイル)や中国聯通(チャイナユニコム)への対応も進めていくという。さらに、パッケージ販売だけでなく、SaaSといったクラウドサービスでの提供を視野に入れた事業展開も進める。

同サービスの価格は、パッケージ販売型が日本円換算で300万円~(税込)を目安としている。同社は、同サービスにおけるナビッピドットコムの売上目標は、各業種向けカスタマイズによるソリューション開発も含めて、初年度日本円換算1億円をめざす。


ナビッピドットコム
http://www.navi-p.com/
 

関連記事

ナビッピドットコム、中国で法人向け「位置情報サービス DP2 for China」を提供開始ナビッピドットコムは2010年4月21日、中国における100%子会社であるナビッピドットコム上海を通じて、中国の大手通信キャリアである「中国電信(チャイナテレコム)」対応の携帯電話を使い、中国における初の携帯電話利用の法人向け位置情報サービス「位置情報サービス DP2 for China」を2010年6月1日より提供すると発表した。

PAGE TOP