[新製品・サービス]

富士通、「富士通トラステッド・クラウド・スクエア」を開設

2010年4月24日(土)

富士通は2010年4月26日、クラウド・コンピューティング向けの技術・製品・サービスをユーザーに見学・体感いただけるショールームと、ICTシステムの検証を行う施設を兼ね合わせた「富士通トラステッド・クラウド・スクエア(Fujitsu Trusted Cloud Square)」を開設したと発表した。

「富士通トラステッド・クラウド・スクエア」は、これまで同社のサーバ、ストレージ製品を総合的に検証する施設。ユーザーICTシステムの構築をサポートしていた施設「Platform Solution Center」を、クラウド・コンピューティング時代に向けリニューアルしたもの。

同社は、同施設を活用し、ユーザーに同社のクラウド・コンピューティングを体感させるとともに、企業内におけるICTシステム構築の検証サポートを実施することで、ユーザーのICTシステム全体の最適化を支援する。

同施設の特長は以下のとおり。

  1. クラウド・コンピューティングを体感できるデモンストレーション、セミナー
    同社の提供するデータセンター型のクラウドサービス「オンデマンド仮想システムサービス」や、SaaS、プライベートクラウド構築に向けた仮想化・標準・自動化ソリューションなど、ユーザーがクラウド・コンピューティングを検討する際に活用できる。また、データセンターや次世代スーパーコンピュータの展示コーナーなど、同社の技術・製品・サービスを具体的に確認できる。
  2. クラウド・コンピューティングとICTシステムの検証
    「PRIMERGY」「PRIMEQUEST」「SPARC Enterprise」「ETERNUS」など最新の同社サーバ、ストレージ機器を約300台完備。技術・製品・サービスの専門技術者の直接サポートによりICTシステムの実機での検証が可能。
    また、同社データセンターのクラウドサービス基盤を活用した検証、SaaSアプリケーションの動作検証、プライベートクラウド構築に向けた各種システム検証、インターネット経由でのリモート検証など、さまざまなニーズに対応できる。

同施設の概要は以下のとおり。

  1. 名称:富士通トラステッド・クラウド・スクエア(Fujitsu Trusted Cloud Square)
  2. 開設:2010年4月26日
  3. 住所:東京都港区浜松町2丁目4番1号 世界貿易センタービル29階/30階(JR浜松町駅)
  4. 設備:
    ・延床面積 3,600平方メートル(国内最大規模)
    ・最新の同社サーバ、ストレージ機器(約300 台)、ネットワーク機器、ミドルウェア、パソコンなど
    ・検証ルーム(18室)、セミナールーム(6室)、応接・会議室(8室)、テレプレゼンスルーム(1室)

なお、同施設は、中央官庁、地方自治体、医療機関、教育機関、民間企業、その他各種団体のユーザー向けの施設で予約制となっている。利用にあたっては同社の担当営業への問い合わせが必要となる。


富士通
http://jp.fujitsu.com/

 

 

関連記事

富士通、「富士通トラステッド・クラウド・スクエア」を開設富士通は2010年4月26日、クラウド・コンピューティング向けの技術・製品・サービスをユーザーに見学・体感いただけるショールームと、ICTシステムの検証を行う施設を兼ね合わせた「富士通トラステッド・クラウド・スクエア(Fujitsu Trusted Cloud Square)」を開設したと発表した。

PAGE TOP