開発ツール/プラットフォーム 開発ツール/プラットフォーム記事一覧へ

[新製品・サービス]

日立、Harmonious Cloudに「Microsoft 統合開発環境提供サービス」を追加

2010年4月27日(火)

日立製作所(以下、日立)は2010年4月26日、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」において、システム開発におけるプロジェクトやソース管理などを行うツールであるマイクロソフト社の「Microsoft Visual Studio Team Foundation Server 2010」を「Microsoft 統合開発環境提供サービス」としてラインアップに追加し、ITシステム開発者向けに4月28日から提供開始すると発表した。

Harmonious Cloudセンタは、日立の環境配慮型データセンタ内に構築したクラウドサービス提供の拠点である。クラウドサービス向けの機器を設置、運用するとともに、ユーザー企業のアプリケーションやパッケージのクラウドコンピューティング環境での検証を専門技術者が支援するサービスである。そして「Microsoft Visual Studio Team Foundation Server 2010」は、アプリケーション・ライフ・サイクル管理ソリューションの中核となるコラボレーション・プラットフォームである。同製品の利用により、チームでソフトウェア配布プロセス全体にわたって、リスクの軽減、対話の効率化、無駄の排除を実現できるようになる。

「Microsoft 統合開発環境提供サービス」は、「Microsoft Visual Studio Team Foundation Server 2010」の開発環境を、プラットフォームとともにHarmonious Cloudセンタから提供する。これにより、ITシステム開発者にとって高効率、低コストで迅速なシステム開発が可能になる。同サービスは、システム開発期間に一時的に開発環境を増強したいというニーズ、または、ソースプログラムの変更管理や構成管理、開発の進捗管理、プロジェクト状況把握の多角的なレポーティングなど開発プロセス全般に求められる要件をサーバで一元管理し、プロジェクトチームで共有したいというニーズに応えるものである。

「Microsoft 統合開発環境提供サービス」の特徴は次のとおり。

1. 各種管理機能を、工程ごとの人員計画に基づいて提供

システム開発におけるプロジェクトやソースプログラム管理などを行うサーバ環境を、ユーザー企業に代わって準備し、Harmonious Cloud センタから提供する。具体的には、バージョン管理、レポート機能、コラボレーション機能などプロジェクトの各工程に必要となる機能を実現する。したがって、初期コストや作業負荷のかかるサーバ環境の構築が不要となり、プロジェクトチームでの開発に専念することが可能である。また、ユーザーはソフトウェアライセンスを購入せずに、工程ごとに必要な開発人員に応じたライセンスを月額契約で使用でき、開発コストの適正化を図ることができる。

2. Harmonious Cloudセンタ環境で、ソフトウェア資産を管理

ユーザー企業が自社に専用サーバを設置する必要がないので、プログラムのソースコードのような機密性の高いIT資産も、高い信頼性、堅牢なセキュリティ、環境への配慮を備えたHarmonious Cloudセンタで管理できる。


「Microsoft 統合開発環境提供サービス」の提供価格は、1プロジェクト、5ユーザーにつき月額17万4300円~(税込み)。

なお、同サービスは、2010年5月12日~14日に東京ビッグサイトにて開催される「第1回 クラウドコンピューティングEXPO」の日立ブースにて紹介される。


「Harmonious Cloud」
http://www.hitachi.co.jp/products/it/harmonious/cloud/

「第1回 クラウドコンピューティングEXPO」
http://www.cloud-japan.jp/

「第1回 クラウドコンピューティングEXPO」日立出展紹介ホームページ
http://www.hitachi.co.jp/products/it/portal/event/cloudexpo/index.html

日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/

関連記事

日立、Harmonious Cloudに「Microsoft 統合開発環境提供サービス」を追加日立製作所(以下、日立)は2010年4月26日、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」において、システム開発におけるプロジェクトやソース管理などを行うツールであるマイクロソフト社の「Microsoft Visual Studio Team Foundation Server 2010」を「Microsoft 統合開発環境提供サービス」としてラインアップに追加し、ITシステム開発者向けに4月28日から提供開始すると発表した。

PAGE TOP