[技術解説]

レイ・オジー氏が語る「Azureの全体像」 Part01

2010年5月11日(火)

誌上基調講演 Azureを理解する第一歩として主席アーキテクト、レイ・オジ−氏の講演を載録する。開発者に向けた内容で随所に宣伝ぽい表現もあるが、「Let's Build!(さあ、アプリを作ろう)」など、氏の意図を感じ取ってほしい。 [開発者向けイベント「Tech・Days 2010」のキーノート講演から (構成:編集部)]

レイ・オジー氏

我々は2008年にロサンゼルスで開催した「PDC 2008」でWindows Azureを発表し、開発者向けにプレビュー版を提供しました。2009年はWindows Azureの改善に努めた1年だったと言えます。プレビュー版を使用した皆さんからの声に耳を傾け、製品そのものを作り替えてきました。そして2010年2月、Windows Azureはプレビュー版から正式版へと移行し、商用サービスとして正式に運用を始めました。

高い柔軟性を備えた基盤でシームレスなサービス提供へ

Windows AzureはクラウドOSです。こう言うと未来的ではありますが、現行のWindows OSからかけ離れたものではありません。Windows Serverのハードや仮想インスタンスが無数に集まったものだとお考えください。そう、Windows Serverそのものです。

Windows AzureはAzure Fabric Controllerと呼ぶ管理システムを使って、コンピューティング環境やストレージなどクラウド上にあるすべてのリソースをコントロールします。Azure Fabric Controllerは、従来のSystem Centerの管理機能を拡張して仮想インスタンスのライブマイグレーションを可能にするなど、柔軟性が高くシームレスなサービスの提供を実現します。

我々はWindows AzureやWindows Server System Centerにかかわらず、管理システムには一貫して、このインフラを採用しています。したがって、Azure Fabric Controllerを使えば、マイクロソフトが用意するクラウド環境も、企業内のプライベートクラウドも同様に管理できるようになるのです。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

レイ・オジー氏が語る「Azureの全体像」 Part01誌上基調講演 Azureを理解する第一歩として主席アーキテクト、レイ・オジ−氏の講演を載録する。開発者に向けた内容で随所に宣伝ぽい表現もあるが、「Let's Build!(さあ、アプリを作ろう)」など、氏の意図を感じ取ってほしい。 [開発者向けイベント「Tech・Days 2010」のキーノート講演から (構成:編集部)]

PAGE TOP