[技術解説]

クラウドに最適化したOS、Windows Azure Part03

2010年5月18日(火)

Windows Azure、Windows Azure Storage クラウドに最適化し、拡張性と管理性を向上 Windows Azureは、Windows Serverの機能を取捨選択/強化し、拡張性や管理性、耐障害性を高めている。 クラウドに最適化したOSの姿を「Windows Serverとの違い」を基に紹介する。

Windows AzureはWindows Server 2008がベースになっているので、既存の資産を最大限に生かすことができる。ただし、Windows Azureはいくつかの点でWindows Serverとは異なる。例えば、Active DirectoryやRights Management Services、ターミナルサービス、ファイル共有など自社運用のWindows Serverシステムで必ず用いられるような機能の多くが、Windows Azureにはない。その代わりWindows Azureはアプリケーションをスケーラブルに実行する環境やストレージ、自動管理の機能を備えている。

Windows AzureとWindows Serverはどこが違うのか。大きく3つの点について解説しよう。

リソース管理の自動化や可用性が高いストレージ

第1はリソース管理である。Windows Azureはサーバーを追加したりストレージを拡張するといったリソース管理をすべて自動化している。一方、Windows Serverではハードウェアの変更はユーザーの責任である。

2番めはアプリケーションを実行する環境だ。Windows ServerがWebサーバーやNTサービスなどの実行環境を用意しているのに対し、Windows Azureでは、Webアプリケーションなどを実行するために必要な環境を仮想インスタンス(イメージファイル)として用意する。この仮想インスタンスのことを「ロール(Role)」と呼ぶ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

クラウドに最適化したOS、Windows Azure Part03Windows Azure、Windows Azure Storage クラウドに最適化し、拡張性と管理性を向上 Windows Azureは、Windows Serverの機能を取捨選択/強化し、拡張性や管理性、耐障害性を高めている。 クラウドに最適化したOSの姿を「Windows Serverとの違い」を基に紹介する。

PAGE TOP