[技術解説]

SQL Azureで得られるRDBならではのメリット Part04

2010年5月18日(火)

SQL Azure RDBだから可能なリスク管理やクラウド移行 オンプミレスと互換性が高いRDBMSがクラウド上で稼働することは、Windows Azure Platformの大きな特徴の1つだ。拡張性より整合性を重視するRDBMSならではのメリットを解説する。

クラウドが脚光を浴びるのと同時にKVS(キーバリューストア)への注目度が高まっている。分散化により高いスケーラビリティを確保できるなど、Webの世界に求められる大量データの高速処理というメリットが期待できるからだ。Windows Azureでも標準のストレージの1つとしてKVS「Azure Storage Table」を提供している。

一部ではKVSを“NoSQL”と呼ぶほどに期待が高まっているが、だからと言ってRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)が不要になるほど、データストアに対する要件は単純ではない。当然だが、クラウドにおいてもRDBMSが必要になる場面は多い。

加えて、企業が本格的にクラウドのサービスを活用するにあたって必ず意識しておきたい不確実性がいくつか残っている。1つ例を挙げるなら、法律や商習慣の整備がある。クラウドは進化の過程にあり、現時点ではクラウド化を想定した法律や商習慣の整備は十分ではない。今後どのような方向性で整備が進むかすら不透明だ。

こうした不確実性が残っている以上、クラウド上にアプリケーションやデータが取り残されるリスクは最小化しておくべきだろう。具体的には、クラウド上に構築したアプリケーションをオンプレミスに戻す策を講じておくことは、企業IT担当者が見据えておくべき最低限のリスク管理といえる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

SQL Azureで得られるRDBならではのメリット Part04SQL Azure RDBだから可能なリスク管理やクラウド移行 オンプミレスと互換性が高いRDBMSがクラウド上で稼働することは、Windows Azure Platformの大きな特徴の1つだ。拡張性より整合性を重視するRDBMSならではのメリットを解説する。

PAGE TOP