[ザ・レビュー]

営業担当の外回り業務を見える化 位置情報活用で訪問ルートの無駄をあぶり出す

2010年5月13日(木)

携帯GPSを使った位置情報サービス「DP2」(ナビッピドットコム) 位置情報サービス「DP2」/ナビッピドットコム 組織での外回り営業を効率化したい−。そんな時に役立つのが、ナビッピドットコムの「DP2」である。GPS(全地球測位システム)機能付き携帯電話を活用し、営業担当者の行動ルートを見える化。渉外活動の効率アップを支援する。

フィールド営業員は、自分が担当する顧客先を巡る毎日。訪問計画は各自の裁量に任せている企業もあり、その結果、営業部門全体として見れば結構な無駄が潜んでいるケースが少なくない。担当エリアが営業員同士で重複していたり、1人ひとりの訪問ルートに計画性がなく非効率的な経路をたどっていたりといった具合だ。営業の基本は顧客との商談にできるだけ多くの時間を割くこと。現状の無駄を「見える化」し、関係者全員が問題点を共有することが改善の第一歩となる。

ここに目を付け、営業担当者の訪問ルートを徹底的に見える化するサービスを提供しているのがナビッピドットコムだ。2009年4月に提供開始した、ASP型位置情報サービス「DP2」がそれ。GPS機能付き携帯電話で位置情報を取得し、電子地図上にマッピングするのが基本的な仕組みだ。マルチキャリアに対応し、NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの端末が使える。

これまで営業員それぞれの頭の中に入っていた訪問ルートは、いわば「線」の情報。これを電子地図に重ねて「面」で表現する。つまり営業活動の軌跡を鳥瞰できるわけだ。

「いつ・どこで・何をした」営業担当者の行動を掌握

同社を立ち上げた篠崎登社長は、大手家電メーカーの営業担当員として実際に現場回りをしていた経験を持つ。かつて北海道エリアを担当していた頃、濃密な営業をしたいのに移動に時間がかかり、商談が勤務時間全体の2割に満たないというジレンマに悩んでいた。「店舗の潜在的な実力や自社製品の食い込み度を分析して優先的に営業すべき顧客を洗い出し、少ない営業員でどのように手分けして、しかも効率的なルートで訪問する方法を考え抜く毎日だった」(同)と振り返る。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ザ・レビュー一覧へ
関連記事

営業担当の外回り業務を見える化 位置情報活用で訪問ルートの無駄をあぶり出す携帯GPSを使った位置情報サービス「DP2」(ナビッピドットコム) 位置情報サービス「DP2」/ナビッピドットコム 組織での外回り営業を効率化したい−。そんな時に役立つのが、ナビッピドットコムの「DP2」である。GPS(全地球測位システム)機能付き携帯電話を活用し、営業担当者の行動ルートを見える化。渉外活動の効率アップを支援する。

PAGE TOP