[新製品・サービス]

サーバーやネットワークの挙動監視などで仮想環境の複雑な運用業務を支援

2010年5月27日(木)

Smart Plug-Ins for Virtuali-zation Infrastructure ほか/日本HP 日本HPは2010年3月24日、仮想化環境への対応を強化した運用管理ソフト4製品を発表した。VMware vSphere 4やHyper-V 2.0など最新の仮想化ソフトを適用したIT環境を管理できる。仮想化によって複雑化したIT環境の運用管理コストを削減するのが狙いだ。

物理/仮想環境の混在、複数のハイパーバイザーによる仮想環境の構築などで、システム構成は多様化と複雑化の一途をたどっている。今回発表の4製品は、こうした混在環境を意識せずにシステムを監視し、操作/設定を自動化するソフトだ。運用負荷の軽減と、仮想環境におけるROI(投資収益率)最適化を支援する。

4製品の概要

(1)「Smart Plug-Ins for Virtuali-zation Infrastructure」は、既存のシステム監視ソフト「HP Operations Manager software」の機能を強化するプラグイン。仮想環境で生じるイベントを監視し、仮想環境に特有の性能ボトルネックを検知する。監視対象となるサーバー仮想化プラットフォーム(物理サーバー)に導入して利用する。なお、監視対象には、同プラグインのほかにエージェントソフト(1台あたり9万円前後)を導入する必要がある。

(2)「HP Operations Orchestration software 7.60」は、IT環境全体の運用管理ワークフローを自動化する。システム監視ソフトやITILサービスデスクなど各種の運用管理ソフトと連携して動作し、障害の検知から、チケット発行、原因の特定、対処/復旧までのワークフローを自動化する。これまで管理対象をVMware Infrast-ructure 3(ESX 3.x)に限定していたが、新版はVMware vSphere 4とHyper-V環境に対象を広げた。

(3)「HP Network Automation software 7.60」は、ネットワーク機器設定の一元管理/自動反映ソフト。ネットワーク機器の設定(コンフィグ)や管理パスワードを一元管理し、必要に応じて機器に反映する。変更の追跡管理も可能。IPフィルタリングのためのACL(アクセス・リスト)を自動生成することもできる。利用可能なネットワーク機器は、シスコスステムズの製品など2600種類以上。今回の新版は、ヴイエムウェア「vSwitch」やシスコシステムズ「Cisco Nexus 1000V」などの仮想アプライアンス型スイッチ機器を管理できるようにした。

(4)「HP Data Protector software version 6.11」はバックアップソフト。バックアップ対象サーバー、メディアサーバー、管理サーバーなどで構成するネットワーク環境で利用できる。新版では、VMware vSphere 4/ESX環境のバックアップに加えて、各種の仮想化ソフト対応を施した。具体的には、Hyper-V環境において、VSS(Volume Shadow Copy Service)によるスナップショットを可能にした。シトリックス・システムズのXen環境でも、プロキシ・サーバーを介してオンライン・バックアップが可能。

製品の価格

価格は表の通り。(1)はインストール先となる管理対象(サーバー仮想化ソフトが動作する物理サーバー)1台あたり9万6600円から。(2)は管理対象デバイス150台までで2688万円から(ネットワーク機器は2台で1台としてカウントする)。(3)は管理対象デバイス300台までで174万7200円から。(4)は18万4800円から。バックアップエージェントの台数に依存しないライセンス制度を採用する。 (日川)

表 各運用管理ソフトの価格一覧
製品名 価格(税込)
Smart Plug-Ins for Virtualization Infrastructure 9万6600円~
HP Operations Orchestration software 7.60 2688万円~
HP Network Automation software 7.60 174万7200円~
HP Data Protector software version 6.11 18万4800円~
関連記事

サーバーやネットワークの挙動監視などで仮想環境の複雑な運用業務を支援Smart Plug-Ins for Virtuali-zation Infrastructure ほか/日本HP 日本HPは2010年3月24日、仮想化環境への対応を強化した運用管理ソフト4製品を発表した。VMware vSphere 4やHyper-V 2.0など最新の仮想化ソフトを適用したIT環境を管理できる。仮想化によって複雑化したIT環境の運用管理コストを削減するのが狙いだ。

PAGE TOP