[新製品・サービス]

米CAの年次イベントがラスベガスで開幕、事業戦略をクラウドに一気にシフト

2010年5月18日(火)

 最高気温約30度、快晴。すでに夏到来といえる米ラスベガスで2010年5月16日、米CAの年次イベント「CA World 2010」が開幕。約60カ国から7000人が集まり、活況に沸いている。

 ウィリアム・マクラッケン会長兼CEOは同日午後6時(現地時間)に始まった基調講演で、社名をCAからCA Technologeisに変更したことを聴衆に向けて広く公表し、クラウドコンピューティングに端を発するパラダイムシフトの中で自ら率先して変化する姿勢をアピールした。

 CA TechnologiesはCA World 2010を機にクラウドコンピューティング分野の事業強化に向けて、大きく舵を切った。そのことはCA World 2010で次々と発表される新製品からうかがえる。

 5月17日に相次いでお披露目されたクラウド関連製品の目玉は「CA Cloud-Connected Management Suite」である。「CA Cloud Insight」「同Compose」「同Optimize」「同Orchestrate」の4製品で構成するもので、コストや品質など6種類の評価指標を用いてクラウドサービスと社内システムの双方を一元的に評価する。システム維持費の抑制を重視してクラウドサービスを導入するユーザー企業ならコストの評価指標に重みを付けて評価し、その結果に基づいてサービスを選定したり、導入すべきかどうかを検討する際の参考にできる。

 CA Cloud-Connected Management Suiteは、CA Technologiesがスポンサーをするクラウド関連のコミュニティサイト「Cloud Commons」と連動する機能も備える。ユーザー企業は自社と類似の重み付けでクラウドサービスを評価している他社のケースを参考にするなどして、すでに利用しているサービスから別のサービスに乗り換えるといった、クラウドサービス選択の最適化を図ることが可能になる。

 CA World 2010は5月20日まで開かれる。クラウド関連の新製品や既存製品の機能強化が一気に発表される見込みだ。

CA Cloud-Connected Management Suiteの画面例。6種類の評価軸に対して、ユーザー企業が独自に重みづけをしてクラウドサービスを評価できる
写真1 CA Cloud-Connected Management Suiteの画面例。6種類の評価軸に対して、ユーザー企業が独自に重みづけをしてクラウドサービスを評価できる
ウィリアム・マクラッケン会長兼CEO(CA World 2010の基調講演にて)
写真2 ウィリアム・マクラッケン会長兼CEO(CA World 2010の基調講演にて)
関連記事

米CAの年次イベントがラスベガスで開幕、事業戦略をクラウドに一気にシフト 最高気温約30度、快晴。すでに夏到来といえる米ラスベガスで2010年5月16日、米CAの年次イベント「CA World 2010」が開幕。約60カ国から7000人が集まり、活況に沸いている。

PAGE TOP