[ユーザー会通信]

MCFrameユーザ会(MCUG)東洋ビジネスエンジニアリング第17回

2010年5月24日(月)

実務に根ざした活発な研究会を展開 製造業中心の会員が集い国産のパッケージに現場の声で磨きをかける 日本の製造業向けに特化した、生産管理を中心とする業務パッケージの「MCFrame」。これを手がける東洋ビジネスエンジニアリングは、東洋エンジニアリングの1部門としてスタートを切った。分離独立前に、日本初のSAPパートナーとしてERPビジネスを始めたのは1991年のこと。SAP支援やシステム開発を手がけるなかで培ったノウハウが、MCFrameに注ぎ込まれている。独自の構造を備え、パッケージながらもカスタマイズの柔軟性の高さを特徴とする。リリースから14年経った今、約230社で導入されている。

「MCFrameユーザ会」(以下、MCUG)の設立は2005年。情報交換や研究、会員相互の親睦を図ることを目的に設立された。設立当初はユーザー企業28社の参加だったが、5年後の現在、製造業や製薬業を中心に53社が名を連ねる。導入企業のおよそ4分の1が参加していることになり、有料のユーザー会ということを考えれば参加率は高い。

活動の中心は研究会だ。「マネージメント研究会」、「活用研究会」、「Pharma研究会」がそれぞれ年に4〜6回の活動を展開している。

マネージメント研究会は、各種マネージメント課題の討議や導入効果を出すための手段・事例の紹介などを行う。「BCP対策」、「コスト低減活動施策」など、MCFrameの使い方にとらわれず、幅広いテーマで、主に管理職を対象に開催している。

活用研究会は、システムを日常利用しているユーザーや運用者の情報交換、システム稼働後の運用、業務改善の討議の場。「運用チェックリスト活用講座」「海外拠点での運用について」といった、より実務的なテーマで議論が展開される。最近は仮想化に関するテーマも人気が高いという。この研究会は特に議論が活発で、たとえば2009年11月の回では議論が盛り上がり過ぎて止まらず、出席会員の声を受けて、翌12月に急きょ、臨時の研究会が開催されたほどだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

バックナンバー
ユーザー会通信一覧へ
関連記事

MCFrameユーザ会(MCUG)東洋ビジネスエンジニアリング第17回実務に根ざした活発な研究会を展開 製造業中心の会員が集い国産のパッケージに現場の声で磨きをかける 日本の製造業向けに特化した、生産管理を中心とする業務パッケージの「MCFrame」。これを手がける東洋ビジネスエンジニアリングは、東洋エンジニアリングの1部門としてスタートを切った。分離独立前に、日本初のSAPパートナーとしてERPビジネスを始めたのは1991年のこと。SAP支援やシステム開発を手がけるなかで培ったノウハウが、MCFrameに注ぎ込まれている。独自の構造を備え、パッケージながらもカスタマイズの柔軟性の高さを特徴とする。リリースから14年経った今、約230社で導入されている。

PAGE TOP