[インタビュー]

「WAFでWebアプリの早期リリースが可能に」、米F5 Networks製品マネージャ

2010年5月25日(火)

 米F5 Networksは、Web高速化装置「BIG-IP」を軸に、同製品をプラットフォームとする各種のネットワーク・アプリケーションを提供している。WAF(Web Application Firewall)機能を提供する「BIG-IP Application Security Manager」(BIG-IP ASM)は、そのうちの1つである。

 インプレスビジネスメディアは2010年5月24日、米F5 Networksでセキュリティ分野のプロダクト・マネージャを努めるIdo Breger氏に、WAFの市場動向と、BIG-IP ASMの最新機能について聞いた。

---WAFを取り巻く2010年現在の市場動向は。

Ido Breger氏: まず、守るべきWebシステムが増えている。Webサーバー側の変化としては、ここへきてレガシー・システムのWeb化が加速している。Webクライアント側の変化としては、タブレットPCやスマートフォンの浸透に見られるように、いつでもどこでも誰でもWeb化された業務システムにアクセスできる状況になってきている。

 攻撃対象となるWebシステムの種類も増えてきた。特定の企業を対象とした攻撃だけでなく、不特定多数への攻撃を自動的に実施する動きが、ここ1年ほど高まっている。Webシステムをランダムにスキャン(走査)し、脆弱性を突くのだ。不特定多数が対象となるため、これまではあまり攻撃対象にならなかった中小企業なども、攻撃を受けるようになる。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

「WAFでWebアプリの早期リリースが可能に」、米F5 Networks製品マネージャ 米F5 Networksは、Web高速化装置「BIG-IP」を軸に、同製品をプラットフォームとする各種のネットワーク・アプリケーションを提供している。WAF(Web Application Firewall)機能を提供する「BIG-IP Application Security Manager」(BIG-IP ASM)は、そのうちの1つである。

PAGE TOP